「ケイジとケンジ」にネットは“桐谷健太応援”と“東出昌大イジリ”で活況!

2月7日(金)18時15分 アサジョ

 桐谷健太東出昌大がW主演を務めているドラマ「ケイジとケンジ 所轄と地検の24時」(テレビ朝日系)の第4話が2月6日に放送され、平均視聴率は8.3%と最低視聴率を更新した。初回は12.0%と及第点の船出だったが、第2話の放送直前に東出の不貞が発覚。その影響もあってか、9.7%に落ち込んだ。第3話は、桐谷へのエール効果か10.3%と2桁台に回復したが、今回は2%ダウンの痛い結果となった。

 ドラマを視聴しながら語り合うサイトでは「みんな観てるの?」との問いかけに「棒野郎は気持ち悪いけど、桐谷さんをはじめ、ほかのキャストさんを応援するために観てる」「桐谷好きだから観る」「桐谷君ほか、ドラマ制作陣には何も罪はないからね。罪があるのは東出昌大!」などのアンサーコメントが寄せられた。中には、不貞を報じられた東出に興味を持つ人もいるらしく「東出どんな感じ? と思って今初めて観て、でっくん以外は良い役者多いだけに、残念です」などのコメントもあった。

「この日のストーリーは、東出演じる検事の真島修平が思いを寄せる部下・仲井戸みなみ(比嘉愛未)の元カレが、事件の被害者として登場。みなみが2年も同棲していたことにショックを受けた真島は心療内科に駆け込む。医師から『恋の病です』と診断が下ると『オレはそんなポエムを聞きたかったんじゃない!』というセリフがありました。一部の視聴者は東出の私生活を想起したようで、それをイジッて盛り上がっている向きもあったようです」(テレビ誌ライター)

 視聴率はダダ下がりだが、SNS上はお祭り騒ぎとなっているようだ。

アサジョ

「ケイジとケンジ」をもっと詳しく

「ケイジとケンジ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ