鈴木杏樹“仰天スキャンダル”で囁かれる『相棒』『ZIP!』オゾマシイ呪い...

2月7日(金)10時32分 まいじつ


(C)まいじつ



女優の鈴木杏樹と元歌舞伎役者の俳優・喜多村緑郎との不倫が、2月6日発売の『週刊文春』で報じられた。癒やし系女優のまさかの不貞にショックの声が広がる中、一部では〝『相棒』の呪いか?〟と恐怖する声も上がっているようだ。


【関連】鈴木杏樹“まさかの不倫”に呆れ声…「なぜ独身男にしなかったの?」ほか


記事によると、2人が懇意になったきっかけは昨年10月に公演された舞台で、暮れごろから不倫がスタートしたという。海辺で人目をはばからずイチャイチャする2人の姿を収めた写真や、千葉県内のラブホテルに仲良く入っていく様子などが掲載されている。世間からは、クリーンなイメージを持つ鈴木の失態や、〝50歳同士の不倫〟という生々しさから「そんなことするように見えなかった」「好きだったのに残念」「幻滅した」などと、落胆する声が続出している。


そんな中、一部ではドラマ『相棒』(テレビ朝日系)に注目が集まっているようだ。


「主人公・右京(水谷豊)が通う小料理屋さんが『花の里』。鈴木は店の2代目女将を演じています。実は、初代女将役を演じていたのは、2017年に大麻取締法違反(所持)の罪で逮捕された高樹沙耶。しかし物語では、高樹演じる女将が『お店を閉めて、お遍路にでも出ようかしら。自分の足で世界を見てみたい』と言い残して、そのまま姿をくらますという展開だったため、幸いにも直接的な影響は受けませんでしたね」(テレビ雑誌ライター)


 


呪いの連鎖を断ち切れるか?


ネット上では、女将役の連続した不祥事について、



《「花の里」は呪われているのか…?》

《長寿番組だからいろいろあるなぁ あり過ぎやけどな》

《3代目は不運を断ち切る女優さんでありますように》

《相棒、花の里の呪い。高樹沙耶、鈴木杏樹》



などと〝「相棒」の呪い〟を唱える声が続出している。


また、鈴木は昨年3月まで『ZIP!』(日本テレビ系)の曜日メインパーソナリティーを務めていたわけだが、この『ZIP!』歴代レギュラーの中には、芸能界を追放された山口達也をはじめ、不倫疑惑を報じられた川島海荷、離婚を発表した田中直樹、交通事故に遭ったMAKIDAIなどがいる。そのため、一部では「ZIPの呪い」という声も。


何にせよ、3代目女将役には多大なプレッシャーがのしかかりそうだ。


 


まいじつ

「鈴木杏樹」をもっと詳しく

「鈴木杏樹」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ