フィッシャーズ、ダチョウ倶楽部と“熱湯風呂コラボ”に挑戦 上島竜兵と仲直りのキスも

2月7日(金)13時20分 Techinsight

『フィッシャーズのバラエティ革命TV』(C)AbemaTV

写真を拡大

チャンネル登録者数約600万人の人気YouTuberグループ「フィッシャーズ」が、インターネットテレビ局「AbemaTV」に登場した。フィッシャーズは既存のバラエティ企画をフィッシャーズ流にアップデートすると気合十分だ。初回にはダチョウ倶楽部がゲストに出演、熱湯風呂に挑戦したり、先月に結婚を発表したンダホと上島竜兵がキスをする一幕もあった。

全3回放送する『フィッシャーズのバラエティ革命TV』(1月25日放送)の1回目では、お笑いトリオ「ダチョウ倶楽部」が3人並んでお決まりの「ヤー!」を披露して登場。ダチョウ倶楽部の鉄板ネタ「熱湯風呂」をフィッシャーズが彼ら流にアップデートすることになり、上島竜兵が「押すなよ、押すなよ、絶対押すなよ!」といつものセリフとともにバスタブのふちに乗る。この熱湯風呂にフィッシャーズの人気企画「ダンシング玉入れ」のルールを取り入れようとするのだが…。

番組中には上島竜兵がンダホに「おい、お前だよ」と食ってかかり、大きな体のンダホと襟首を掴んで「やんのか、コラ!」と一触即発となったが、向かい合った2人は「チュッ」と仲直りのキス。ここでも鉄板ネタが飛び出した。2019年夏に結婚していたことを先月公表したンダホだが、妻とではなく上島とのキスシーンを披露する形になった。


番組収録後にフィッシャーズのシルクロードが「(ダチョウ倶楽部は)バラエティのレジェンドなので、今日一緒に“ヤー”とか、飛ぶやつとかもやれて、今日すごくいい日だったなって振り返ってます。本当にありがとうございます。楽しかったです」とダチョウ倶楽部に感謝すると、ダチョウ倶楽部の寺門ジモンも「こちらこそですよ。あのフィッシャーズと絡めたってことが…ありがとうございます」とお礼を伝えた。今やYouTuberは小学生の憧れの職業としても上位にランクインし、アイドルに負けず劣らない人気ぶりだ。

そんなフィッシャーズだが、ダチョウ倶楽部は自分たちに似ていると感じたようだ。リーダーの肥後克広が「(フィッシャーズは)メンバー同士でああしよう、こうしようって皆で言い合っている」と語ると、寺門も「あんまり俺らと変わらなかった。本番の前に、“お前、あれ振って”とか言ってたりするのもそんな変わらないよね」、上島竜兵も「なんか若手の頃を思い出したね」と頷いた。ダチョウ倶楽部とフィッシャーズに共通点があるとして肥後は「ダチョウも昔こんな感じだった。それから35年たってこんな感じになった。フィッシャーズもこんな感じに仕上がっていくから」とフィッシャーズの未来を暗示、上島が「1人抜け、2人抜け…」と続けると、シルクロードは「やめてー」と笑っていた。

上島は「俺も入れてほしいよ、フィッシャーズに」と加入を希望したが、上島は今年1月に59歳になり、シルクロードは現在25歳。親子くらい年の離れた2グループだがシルクロードは「また新しいジャンルのものが生まれたなっていうのを今回感じました」、上島は「熱湯に素直に入らせてもらえないとかね。あ、そういう笑いもあるんだなと思いました。面白いと思いました」と語っており互いに刺激になったようだ。

http://youtu.be/21dnHj1YB1U

Techinsight

「ダチョウ倶楽部」をもっと詳しく

「ダチョウ倶楽部」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ