「ワンダヴィジョン」第3話、子守唄の歌詞が判明【和訳あり】

2月7日(日)13時0分 THE RIVER

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)のドラマシリーズワンダヴィジョンの第3話「カラー放送」では、突如として妊娠したワンダ・マキシモフ(エリザベス・オルセン)が故郷・ソコヴィアの母語で子守唄を歌う。謎めいた言語で歌われた歌詞の意味を、マーベル・スタジオは公式ウェブサイトにて明らかにした。

『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015)で初登場したワンダ・マキシモフには、双子の兄弟であるクイックシルバー/ピエトロ・マキシモフとともにソコヴィアに生まれたというルーツがある。この子守唄はワンダの過去を象徴するものであり、さらに彼女の歴史が掘り下げられていくことを示唆するものだ。

「ソコヴィアの子守唄(Sokovian Lullaby)

We’ve been waiting for you
'tie mi t͡ʃaˈjaɫəm
あなたを待っていた

Now you are here
ˈʃiɪdeŋ ˈti e ˈʃte
今ここにいるあなたを

More perfect than I imagined
ˈdrage wo t͡sto ˈmisliɫəm
思っていたよりずっと完ぺき

Our house is now a home (our house is now a nest)
ˈdom naʃ ˈʃiɪdeŋ ˈgnieʒdo
わが家がふるさと

No matter where you go
bez veˈdeɪ̆ doˈkude ˈjit͡ʃiʃ
あなたがどこに行こうとも

Sunlight shines on you
ˈʃiʒa ˈsunt͡so nad tiˈe
陽の光が照らしてくれる

ワンダヴィジョン『ワンダヴィジョン』 ディズニープラスで配信中 (c) 2021 Marvel

「ワンダヴィジョン」の劇中に登場するソコヴィア語は、方言指導を担当するコートニー・ヤングが編み出したもので、歌詞の草稿もコートニーが執筆。その後、脚本・製作総指揮のジャック・シェイファーが完成させた。

どこか深読みの余地がある歌詞ながら、シェイファーは「(物語の)大いなる謎を歌ったものではありません」と強調している。執筆中に想定していたのは、「ワンダヴィジョン」がフォーマットとしているシットコムのテーマソングをイメージしたもので、ワンダが母語で切なく歌っている様子だったそう。ちなみに、歌詞の最後に登場する「陽の光(sunlight)」とは、シェイファー自身が出産前のフィットネス・クラスに通っていたころ、生徒一同で歌っていた歌詞を参照したものだとか。シーンのテイストとは異なり、意外にもパーソナルな一曲だったのだ。

ディズニープラス オリジナルドラマシリーズ「ワンダヴィジョン」は配信中。

Source: Marvel

THE RIVER

「歌詞」をもっと詳しく

「歌詞」のニュース

「歌詞」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ