岩田剛典が魅せる多彩な表情を凝縮!『去年の冬、きみと別れ』ビジュアルブック発売決定

2月7日(水)18時12分 映画ランドNEWS

芥川賞作家・中村文則原作の同名サスペンス小説を、EXILE/三代目 J Soul Brothersの岩田剛典主演で映画化した『去年の冬、きみと別れ』が3月10日(土)に公開される。この度、本作の場面写真やメイキング写真で構成されたビジュアルブックの発売が決定した。


「去年の冬、きみと別れ」ビジュアルブック表紙

ビジュアルブックでは、婚約者・百合子を演じた山本美月とのシーンで見せる岩田剛典の優しげな表情、一人物思いに耽っているときの張り詰めた表情、木原坂を演じた斎藤とのシーンで見せる激しい表情など、岩田が魅せる振り幅のある喜怒哀楽が収められ、映画の緊迫感と興奮を丸ごと凝縮。ここでしか見ることの出来ない場面写真やメイキング写真も含まれた特別仕様の一冊となっている。


去年の冬、きみと別れ


【発売情報】
発売日:3月1日(木)
価格:本体730円+税
文庫判/ソフトカバー/オールカラー/208ページ




中村文則が初めて挑んだキャリア最高傑作との呼び声高い小説を原作に描かれる本作は、盲目の美女が巻き込まれた焼死事件の真相を追う新進気鋭のルポライター・耶雲恭介の姿を描くサスペンス。人間の内面に深く肉薄した究極の「愛」を描きながら、1ページ、1ページと、予断を許さないストーリーが猛スピードで展開していく。


謎の焼死事件の真相を追うルポライター・耶雲恭介を岩田剛典が演じ、耶雲の婚約者・松田百合子役に山本美月、耶雲が事件の取材ルポタージュの提案をする週刊誌・編集者の小林良樹役に北村一輝、耶雲の取材対象者であり事件の被告である世界的フォトグラファー・木原坂雄大役に斎藤工、木原坂の姉で弟を事件からかばう朱里役に浅見れいなが名を連ねる。監督を『脳男』『グラスホッパー』などで知られる瀧本智行が務める。



映画『去年の冬、きみと別れ』は3月10日(土)より全国公開


【CREDIT】
監督:瀧本智行 脚本:大石哲也 音楽:上野耕路
出演:岩田剛典(EXILE/三代目 J Soul Brothers)、山本美月、斎藤工・浅見れいな/北村一輝
原作:中村文則『去年の冬、きみと別れ』(幻冬舎文庫)
制作プロダクション:C&Iエンタテイメント
製作:映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会
配給:ワーナー・ブラザース映画


(C)2018映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会


映画ランドNEWS - 映画を観に行くなら映画ランド


映画ランドNEWS

「岩田剛典」をもっと詳しく

「岩田剛典」のニュース

「岩田剛典」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ