男性であることを隠し、ミス・フランス審査会場に挑む『MISS ミス・フランスになりたい!』

2月8日(月)8時19分 フィールドキャスター

「幼い頃からの夢を叶えるために“男性であることを隠しながらミスコンに臨む」。

誰の目にも不可能に思える主人公の挑戦を通して、自分だけの生き方や価値観を見つけていくフランス映画『MISS ミス・フランスになりたい!』が2月26日に公開します。

主人公アレックスを演じたのは、パリでユニセックスモデルとして活躍しているアレクサンドル ・ヴェテール。

2016年当時、男女両性の特徴を持つアンドロジナス的スタイルを提案することでも知られるジャン=ポール・ゴルチエのウィメンズのショーに出たことをきっかけに一気に注目が集まった彼は、近年では日本でも大人気となったNetflixオリジナルドラマ「エミリー、パリへ行く」(20)にも出演、役者としても目覚ましい活躍で注目されています。

男性であることを隠したまま、ミス・フランスの審査会場に初めて“女性”として入るアレックス。

緊張の面持ちで佇む彼に審査員は「ミス・フランス になりたい?」と質問、「何者かに」と率直にその想いを答えるが、その様子を見ていたミス・フランスのディレクターでもあるアマンダ(パスカル・アルビロ)はアレックスに対して、他の参加者とは違う“何か”を感じ取る。

その後、アマンダからミス・フランスで勝ち抜くためには「インスタのアカウントを開設するよう強くお勧めするわ」と指導を受け、早速下宿先の仲間たちと一緒に“インスタ映えしそうな写真”を撮ってアップロード、加えて「視聴者が見るのは気品と物腰、そして女性らしさ」という助言にも応えられるよう、ぎこちないながらも、マスカラやヘアメイクなどで自らを少しづつ魅力的に装っていく。

もちろん「孤児の教育に力を注ぎたいです」と、ミスコン向けの“定番の質疑応答”の練習にも真面目に取り組むアレックス。

しかし「(サッカー選手の)“エムバペ”は?」「“子アザラシ”も入れろ」と仲間たちが謎の横槍を入れ、「支離滅裂になる」と「だから何だ?」「人気ワードで票が集まる」と、アレックスを応援するあまりどんどん本筋からずれていってしまうという仲間たちとの愉快なやりとりもユニークなシーン映像となっています。

(C)2020 ZAZI FILMS – CHAPKA FILMS – FRANCE 2 CINEMA – MARVELOUS PRODUCTIONS 

The post 男性であることを隠し、ミス・フランス審査会場に挑む『MISS ミス・フランスになりたい!』first appeared on フィールドキャスター.


フィールドキャスター

「フランス」をもっと詳しく

「フランス」のニュース

「フランス」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ