デヴィッド・ボウイの『地球に落ちて来た男』がテレビシリーズ化、キウェテル・イジョフォー主演 ─ 新たな宇宙人の到来描く

2月8日(月)16時20分 THE RIVER

デヴィッド・ボウイ主演のSF名作『地球に落ちて来た男』(1976)のテレビシリーズ化企画が、パラマウント・ピクチャーズのストリーミングサービス「Paramount Plus」向けの企画として現在進行中だ。この度、『それでも夜は明ける』(2013)などのキウェテル・イジョフォーが、主演を務めることが明らかになった。米Varietyなどが報じている。

本作の原作は、ウォルター・テヴィスの同名小説及び、デヴィッド・ボウイ主演の同名映画。映画版は、ニコラス・ローグ監督による独特な演出と独創的な物語、デヴィッド・ボウイのビジュアルが相まって、カルト映画として現在も世界中で根強い人気を誇っている。

シリーズ版では人類が進化する中、新たな宇宙人(キウェテル・イジョフォー)が、地球に到来して未来のために自分自身の過去と向き合っていく姿が描かれる。ショーランナー及び製作総指揮には、『スター・トレック』シリーズなどのアレックス・カーツマン、「スター・トレック:ディスカバリー」(2017-)のジェニー・ルメットが参加。アレックス・カーツマンは監督も兼任する。SFである本作にとって相応しい製作陣が揃ったと言えるだろう。

ちなみに、本作の製作陣からも太鼓判を押されるキウェテル・イジョフォーは、『それでも夜は明ける』『ドクター・ストレンジ』(2016)など数多くの話題作に出演している。次回作としては、アントワーン・フークア監督『Infinite(原題)』や、『ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス(原題:Doctor Strange in the Multiverse of Madness)』などの注目作を控えている。

Source:Variety

THE RIVER

「主演」をもっと詳しく

「主演」のニュース

「主演」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ