BIGBANG新譜が自己最高週売上、2014年11月発売のベスト盤上回る。

2月9日(火)4時0分 ナリナリドットコム

韓国の人気グループ・BIGBANGの日本における最新アルバム「MADE SERIES」(YGEX/2月3日発売)が、発売初週に12.8万枚を売り上げ、今週発表の最新2月15日付けのオリコン週間アルバムランキング(集計期間:2月1日〜7日)で初登場1位を獲得した。

今作の週間売上枚数は「THE BEST OF BIGBANG 2006-2014」(2014年11月発売)が、発売初週の集計・発表週にあたる2014年12月8日付けで記録した12.0万枚を上回り、同グループ自己最高となるアルバム週間売上枚数を記録している。

なお、BIGBANGのアルバム1位獲得作品数は「BIGBANG2」(2011年5月発売:2011年5月23日付けで獲得)と上記「〜2006-2014」(2014年12月8日付けで獲得)に続いて3作目。1年2か月ぶりの1位獲得とアルバム週間売上枚数の自己記録更新で、昨年11月より行われているツアー「BIGBANG WORLD TOUR 2015〜2016 [MADE] IN JAPAN」のファイナルを飾る東京ドーム公演(2月23日・24日開催)に向けて弾みをつけた。

ナリナリドットコム

「BIGBANG」をもっと詳しく

「BIGBANG」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ