イクメン議員と不倫疑惑のタレント・宮沢磨由、“京都旅”を書いたブログやTwitterを削除

2月10日(水)10時30分 BIGLOBEニュース編集部

画像は宮崎謙介議員のFacebookページより

写真を拡大

イクメン議員こと自民党の宮崎謙介衆院議員の不倫が、2月10日発売の週刊文春が報じられ、疑惑の相手がタレントの宮沢磨由(34)であることがわかった。


宮沢磨由は、主にモデルとして活動しているタレント。2007年度ミス湘南グランプリなどの受賞歴がある。週刊文春によると、宮崎議員は1月30日に宮沢を京都の自宅に招き入れ、宮沢は一泊したとしている。宮崎議員の妻で同じく自民党の金子議員は、出産のため都内の病院に入院中だった。


宮沢は自身のブログに1月30日、31日、“気まぐれ京都旅”という記事を投稿。この期間京都にいたことが明らかだったが、文春の取材後に該当の記事を削除した。また、Twitterでも宮崎議員のアカウントをフォローしていたが、自身のアカウント自体を削除。状況証拠の隠滅を図っている。


宮崎議員は、金子議員の出産後1カ月程度「育児休暇」を取る意向を表明。男性国会議員の「育児休暇」取得は前例がないため物議を醸していた。イクメン議員が妻の出産入院中に不倫という今回の疑惑、宮崎議員からの説明が待たれる。

BIGLOBEニュース編集部 BIGLOBEニュース編集部RSS

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Twitterをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ