マーベル・スタジオ社長が来日、『アベンジャーズ』新作の日本初映像にファン2000人が熱狂!

2月10日(土)22時22分 映画ランドNEWS

マーベル・スタジオの社長にして、全作品のプロデュースも手掛けるケヴィン・ファイギが来日。2月10日(土)から12日(月・祝)の3日間で開催されるディズニーのファンイベント「D23 Expo Japan 2018」の初日となる本日、マーベル・スタジオの新作映画のプレゼンテーションを行った。


「アベンジャーズインフィニティ・ウォー」ケヴィン・ファイギ

会場となった舞浜アンフィシアターは、約2000人の観客で埋め尽くされ、ケヴィン・ファイギがステージに登場すると、熱狂的なファンから大きな歓声があがった。今年10周年を迎えるマーベル・スタジオにとって2018年は「今年はトニー・スタークがアイアンマンでスクリーンデビューしてから10年という、とても重要な年」と挨拶。3月1日から日本公開される新作で、アメリカの映画批評サイトロッテン・トマトで100点満点を獲得するなど大きな話題を呼んでいる『ブラックパンサー』を紹介。


マーベル
「アベンジャーズインフィニティ・ウォー」ケヴィン・ファイギ

続いて、2018年最大の話題作で全世界から熱い視線が注がれている『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の話題に。観客へのサプライズとしてスクリーンに映し出されたのは「Hello、Japan!」で始まるアベンジャーズ・メンバーたちから日本のファンに向けたメッセージ。アイアンマン役、ロバート・ダウニー・Jr.、キャプテン・アメリカ役のクリス・エバンス、スパイダーマン役のトム・ホランド、ドクター・ストレンジ役のベネディクト・カンバーバッチら豪華キャストからのコメントに会場は盛りあがりをみせた。


そして更なるサプライズとしてプレゼンテーションのクライマックスにスクリーンに映し出されたのは、日本初お披露目となる『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の特別映像。公開された映像では、マイティ・ソーが「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」のメンバーたちに出会うシーンにはじまり、アベンジャーズ史上“最強の敵”サノスを相手にアベンジャーズたちが死闘を繰り広げ、極限まで追い詰められる展開に観客はかたずを飲んだ。


傷つき倒れたスパイダーマンがアイアンマンに「トニー、ごめん」とつぶやく意味深なシーン、、、ヒーローたちが危険を顧みずサノスに必死に立ち向かう姿、、、心がかき乱されずにはいられない。最強の敵サノスが見せる攻撃シーンでエンディングを迎えると、会場内から割れんばかりの拍手と歓声があがりイベントは盛大のうちに幕を閉じた


映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は4月27日(金)全国公開


【CREDIT】
監督:アンソニー&ジョー・ルッソ
製作:ケヴィン・ファイギ
出演:ロバート・ダウニーJr./クリス・ヘムズワース/マーク・ラファロ/クリス・エヴァンス/スカーレット・ヨハンソン/ジェレミー・レナー/ベネディクト・カンバーバッチ/トム・ホランド/クリス・プラット
原題:Avengers: Infinity War
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン


©Marvel


映画ランドNEWS - 映画を観に行くなら映画ランド


映画ランドNEWS

「マーベル」をもっと詳しく

タグ

「マーベル」のニュース

「マーベル」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ