「AKBユーチューバー」続々誕生 峯岸、ゆきりん、総監督...スタートダッシュで頭一つ抜けたのは?

2月10日(月)19時35分 J-CASTニュース

コンサートで自撮り棒を衣装に差して「恋するフォーチュンクッキー」を披露する柏木由紀さん。ファンにはあっという間に気付かれたという

写真を拡大

AKB48から次々とユーチューバーが誕生している。2019年12月に卒業発表した峯岸みなみさん(27)が20年1月1日にチャンネルを開設したのを皮切りに、1月21日のコンサートでは、グループ総監督の向井地美音さん(22)が「15年目を迎えたAKB48の新たな挑戦」として、メンバーがユーチューブチャンネルを開設することを発表した。

NMB48吉田朱里さんは(23)は「女子力動画」が人気で、チャンネル登録者数は75.6万人。新たに公開され動画チャンネルでも、コンサートの舞台裏潜入やスキャンダルの顛末など、動画の内容がニュースに取り上げられることも増えてきた。ユーチューブに活路を見出すことはできるのか。



番組終了で「メンバーを知ってもらうところがあんまりなかったりするから」



ユーチューブ進出の狙いがうかがえるのが、コンサートでの発表時に上映された動画だ。動画では、向井地さんが


「やっぱりAKB48も15周年になるので、みんなで盛り上げたいなということで...」

などと経緯を前総監督の横山由依さん(27)に説明したのに対して、横山さんは、


「めちゃくちゃいいと思う。総監督のみーおん(編注:向井地さん)が率先してやる、というのがいい気がする」

「最近、番組とかも終わったりしてるから、メンバーを知ってもらうところがあんまりなかったりするから、すごいいいと思う」

などと向井地さんの背中を押した。



握手会でのリアクションをひたすら記録



コンサートの直後に向井地さん、村山彩希(ゆいり)さん(22)、岡田奈々さん(22)、茂木忍さん(22)による「ゆうなぁもぎおんチャンネル」が開設されたのに続いて、現時点では柏木由紀さん(28)の「ゆきりんワールド」、中西智代梨さん(24)の「ちよチャンネル」が開設されている。今後、横山さん、坂口渚沙さん(19)、倉野尾成美さん(19)、小栗有以さん(18)のチャンネルが開設される。


これらの中で柏木さんが最も登録者数が多く、6.4万人。峯岸さんの4.97万人、向井地さんらの4.3万人、中西さんの約3000人と続く。


特に独自の企画で再生数が伸びているのが柏木さんのチャンネルだ。握手会での「神対応」で知られていることにちなんで、2月5日には握手会でのファンに対するリアクションをひたすら記録した動画を公開。表情の豊かさがうけたのか、すでに48万回が再生された。2月9日に公開された最新動画は、「AKB48のコンサート本番中、恋チュン踊りながらステージ上でバレずに撮影できるのか?」というもの。自撮り棒を手にステージに上った直後にファンに気づかれて「バレずに撮影できるのか?」というお題はあっという間に終了してしまうが、そのままステージ上での「ゆるい」自撮りを展開した。公開から1日で14万回以上再生され、コメント欄には「グダグダ感が素晴らしい」といった声が相次いでいる。



峯岸さんは、同期の高橋みなみさん(28=16年卒業)と共演し、13年の「文春砲」を受けて「丸刈り動画」を公開した顛末を振り返った。動画は2回にわたって公開され、それぞれ36万回、16万回再生されている。



(J-CASTニュース編集部 工藤博司)

J-CASTニュース

「ユーチューバー」をもっと詳しく

「ユーチューバー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ