三代目JSB岩田剛典が表紙、松尾潔『永遠の仮眠』の発売前重版が決定! アナザーカットを公開!

2月10日(水)11時6分 Rooftop

main.jpg

第50回日本レコード大賞をはじめ、 数々の受賞歴を持つ日本を代表する音楽プロデューサー松尾潔。このたび、 新潮社より刊行する初小説『永遠の仮眠』(2月17日発売)の発売前重版が決定した。

『永遠の仮眠』の表紙カバーに起用されたのは、 松尾さんがデビュー曲をプロデュースした三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEの岩田剛典。発売前重版を記念し、 本書収録の岩田剛典さんアナザーカットを公開。

松尾潔と岩田剛典の関係、 起用の理由

sub6.jpg

「岩田さんに、 登場人物の憂いや不安を演じて欲しい」

岩田は2010年に「三代目 J Soul Brothers」のパフォーマーとしてデビュー。 グループのメンバーを決めるオーディションで審査員を務めたのが松尾だった。 デビュー当時、 まだ大学生だった岩田との交流は、 松尾に強い印象を与えた。

本書のストーリーでも主人公の悟は新人発掘オーディションの審査員をし、 デビューさせたシンガー・義人のプロデュースを担当。 作中の重要な人間関係とお二人の関係性には共通項があった。

デビュー前からお互いを知る深い関係性と、 作品との共通項から、 松尾は岩田に表紙カバーで「登場人物の憂いや不安を演じて欲しい」と切望、 今回の企画が実現した。

sub1.jpg
sub2.jpg

著者からのコメント

「大人になってわかった。 大人だっていつも悩んでいる。 いくつもの「あいだ」を揺れ動いている。 理想と現実。 仕事と家庭。 ビジネスとモラル。 愛と憎しみ。 カバー撮影にあたり、 岩ちゃんにリクエストしたのはただひとつ。 「あいだ」を表現して欲しいということでした。
発売を前に重版が決定したとお聞きしました。 この思いがけぬ朗報はみなさんの大きな期待の表れですよね。 身震いするような喜びを感じずにはいられません!」—— 松尾潔

推薦コメント

「すべてを手に入れた男が最後まで手放さなかったものを、 私も心から信じている。 」 ——ジェーン・スーさん

「渾身で音楽を生み出す主人公の姿に胸が熱くなった。 人と人とを結びつけ、 自分以外の誰かに深く思いを馳せるために、 創作物はあるのだ。 」 ——三浦しをんさん

三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE岩田剛典、 今市隆二、 登坂広臣 推薦コメント

「主人公である音楽プロデューサーとシンガーがスタジオで交わす会話は、 本当にリアル。 派手ではない、 地味な会話の積み重ねで、 信頼関係は培うから。 自叙伝のような感覚で読みました」 ——岩田剛典さん

「松尾さんが小説を書かれると聞いて胸が躍りました。 三代目 J SOUL BROTHERSのデビュー曲「Best Friend’s Girl」は松尾さんプロデュース。 松尾さんが手掛ける歌詞は技術的な部分は勿論、 時にはストレートな言葉を使い、 物語をしっかり心に届けてくれます。 今回の小説では松尾さんが生きてきた証を感じました。 物語の登場人物の運命がどうなっていくのか是非楽しんで下さい。 多くの方に「永遠の仮眠」が届くことを願っています。 」 ——今市隆二さん

「松尾さんがこの度、 初めて小説を発表されるという事で、 非常に楽しみにしていました。 僕らのプロデュースして頂いた楽曲の歌詞なども改めて読み返し、 さらに松尾さんの描く世界観や思いなど、 今作を通して強く感じる事が出来ました。 」 ——登坂広臣さん

【松尾潔×岩田剛典】表紙カバー撮影風景(C)新潮社

Rooftop

トピックス

BIGLOBE
トップへ