第25回「言葉の力②〜ルビンの壺を「壺」に見せる」

2月10日(水)17時36分 Rooftop

ルビンの壺という有名な絵がある。

ルビンの壺.jpeg

壺のように見えるし、向き合ったふたりの顔にも見える絵だ。
ちょっと視点を変えるだけで、どちらにでもなる。
あなたは今どっちに見えているだろうか?

さて、今回はこの絵を「壺」に見えるようにしてみよう。
100%は無理であるが、壺に見える確率を高めるのだ。
やり方は簡単。言葉の力ということで、ちょっと言葉を添えてみるのである。

01.jpg

もちろんこのように「壺」と添えると壺に見える。最も簡単な方法だ。
では直接「壺」とは添えずに、壺に見せることができるだろうか?

例えば次のような言葉を添えてみよう。

02.jpg

「素敵なデザイン」から想像するのは壺であり、決して向き合ったふたりの顔ではない。
もう壺にしか見えないのではいだろうか。

03.jpg

玄関に置くとなると壺しかない。これもまた壺に見えてくる。もちろんリビングでも床の間でもOKだ。

04.jpg

高価買取という概念があるのは壺である。または「1億円」などと値段を添えるだけでも良いだろう。

05.jpg

プレゼントできるのも壺しかない。

06.jpg

メルカリのカテゴリーを添えてみる。メルカリに出品されているとしたら壺しかない。

07.jpg

花瓶としても使えるのは壺だ。

08.jpg

お母さんが怒る声。ボールやバットで壊れるのは壺である。

09.jpg

またお母さんが怒る声。壊れるのは壺だ。

10.jpg

ずっと探していた自転車の鍵が入っているのも壺。

11.jpg

これは辞書で壺を調べた時の意味。つまりこれは壺なのだ。

Rooftop

「言葉」をもっと詳しく

「言葉」のニュース

「言葉」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ