大阪の名門校在学中の超正統派美少女・齋れいなが初水着「高校の男子には近寄られずに敬語で『いつきさん』って呼ばれています」

2月10日(月)6時20分 週プレNEWS

大阪の超進学校に通う才女・齋(いつき)れいな。模試で全国1位獲得経験ありの超清純美少女の初水着姿を2月10日発売の『週刊プレイボーイ8号』でお届け!

* * *

■予習しまくって臨んだグラビア撮影

——人生初グラビアの感想を教えてください!

 私、海やプールで遊んだことが今までなくて。授業以外で人前で水着になったこともないので、撮影が始まるまではドキドキしていたのですが......、スタッフの皆さんが優しくしてくださったので、なんとかやり切れました。

予習もかなりしていきましたね。川崎あやさんや武田玲奈さんなど、週プレさんに何度も出ている方のグラビアを見あさりました。

——さすが勉強家ですね。

 「グラビアは主に男性が見るものだから」と思って、男性の読者の方に刺さるためにはどうしたらいいのかを考えて。それで学校で一番モテている女のコの観察を始めたんです。その結果、やっぱり上目遣いやウルッとした、恋してるような目で男性を見つめることが効果的なんだと気づいて。

撮影にはカメラマンさんに恋している気持ちで臨みました。あとは目力も意識しました。スタイルには自信がないんですけど、よく学校の先生に「目力がすごすぎて、授業がしにくい」って言われるんです。なので一応チャームポイントかなと思って、目には力を入れました。

——誌面の写真はどうでしたか?

 すごくキレイに撮っていただけてうれしかったです。私、目がものすごく悪いのでお風呂に入っても自分のカラダがまったく見えないんです。なので今回写真を見て「私はこういうふうな丸みをしているのか......!」と新鮮でした。

——なるほど(笑)。ところで先ほど「モテる女子を研究した」という話がありましたが、齋さんもモテる女子ではないんですか?

 いわゆるモテる系ではないですね。私、実験が大好きで化学部に所属しているんですけど、部活の男子は2次元の女子を愛する男子がとても多くて、女子として私を扱う人がいないんです。荷物持ちをやらされたりするんですよ!(笑)。

なので自分が女子であることを忘れてしまって、いざ女子として扱われたり、女子を出そうとしてもうまくできない......。そんななので、あまり男性からも近寄られないです、呼ばれ方も敬語で「いつきさん」ですから(笑)。それでも好意を寄せてくださる方もいるんですけど、変わった告白ばかりで......。

——変わった告白?

 よく行くコンビニの店員さんが「毎回同じ物を買うところが好きです」ってレシートの裏に書いて渡してくれたり。純粋に、好意自体はうれしいんですけど、本当の私を見て告白してほしいなぁと切なくなりました(笑)。

——それはなかなかですね。それはそうと現在齋さんは高校3年生。受験勉強はどうですか?

 うちの高校はいわゆる進学校で、とてもピリピリした雰囲気ですね。みんな瞳に光がなくなってきています。私はそこまで何かに動じるタイプではないので、淡々と今この瞬間に出せる力を出し切ろう!と思って入試に臨んでいます。春に大阪から上京する予定ですが、大学生活も楽しみです。

——華のキャンパスライフはどう過ごしたい?

 「空きコマ」って響きにすごく憧れがあります。みんなでオシャレなカフェで集まって、次の講義の予習をする、みたいなことをしてみたいです。

——そこでも勉強なんですね。

 えっ、違うんですか? たくさん勉強したいですね。今までは理系の勉強ばっかりやってきたんですけど、理系の知識を文系の経営学や心理学にも応用して研究したい。学費も高いので、元を取らなきゃって思って。

もちろん、芸能活動でも幅を広げていきたいです。今まではモデルのお仕事が多かったんですが、演技の活動も始めていきたいと思っています。いろいろなことにチャレンジしたいですね。今回のグラビアを見て少しでもイイなと思ってくれた方、ぜひ今後も私を見守ってください。応援よろしくお願いします!

(スタイリング/牧野香子 ヘア&メイク/YOSHi.T[AVGVST])

●齋れいな 
2001年11月12日生まれ 大阪府出身 
身長159cm B80 W58 H81 
○高校に通う傍ら、モデルやSHOWROOM配信で活躍中。「ミスいちご2018」メンバー

撮影/HIROKAZU

週プレNEWS

「水着」をもっと詳しく

「水着」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ