『ジャスティス・リーグ』スナイダーカット版ジョーカーの鮮明ルック初公開、登場シーンの説明も

2月10日(水)12時36分 THE RIVER

DC映画『ジャスティス・リーグ』(2017)をザック・スナイダー監督の初期構想に基づいて蘇らせる、通称“スナイダー・カット”ことザック・スナイダーズ・ジャスティス・リーグ(原題:Zack Snyder’s Justice League)より、ジャレッド・レト演じるジョーカーの新ルックが、米Vanity Fairにて鮮明に公開された。

Vanity Fairの記事では、猟奇的な瞳でなにかを見つめるアップショットと、病衣姿で椅子に腰掛けてこちらを睨みつけるショットの2枚の画像が掲載されている。

この投稿をInstagramで見る

Vanity Fair(@vanityfair)がシェアした投稿

先駆けて公開されていた画像ではボケがかかっており、「『ジョーカー』(2019)ホアキン・フェニックスのようだ」と見る声もあった。詳細に明かされた新ルックでは、マリリン・マンソンを彷彿とさせるような凶悪な姿を見せている。

注目すべき点はいくつかある。まず、顔に刻まれていたタトゥーが消えていることだ。『スーサイド・スクワッド』(2016)のジョーカーは、額に「Damaged」、左目下に「J」のタトゥーがあったが、この『ジャスティス・リーグ』版では消された模様。ジョーカーがタトゥー除去を行ったのか、タトゥーの上からさらにフェイスパウダーを重ねているのか、それとも無かったことにしたのか。首から下のタトゥーがどうなったかも気になるところだ。

細かな切り傷は残っているようだが、『スーサイド・スクワッド』時と厳密に比較すると場所が少し異なっている模様。もっとも、『スター・ウォーズ フォースの覚醒』で負ったカイロ・レンの顔の傷の位置が、続編『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』で変わっていたように、この程度の変更はマイナーアップデートの範疇だろう。

また、ジョーカーのトレードマークである裂けた口は『スーサイド・スクワッド』時には再現されていなかったが、今回はおどろおどろしいほどに口元が汚されている点にも注目。髪もずいぶん伸びており、前作にも増して猟奇的な雰囲気をまとっている。

写真を公開したVanity Fairは、ジョーカーがいるこの場所がasylumの地下室、つまりアーカム・アサイラムであることを示唆している。『スーサイド・スクワッド』の騒動の後、ジョーカーが収監される展開は描かれていなかったが、なぜこの狂気の犯罪王はアーカム・アサイラムに戻されることになったのか?

さらにVanity Fairは、新『ジャスティス・リーグ』に登場するジョーカーがどのような役割を担うかについて、「ネタバレ注意」の警告と共にレポートしている。

次のページには、『ジャスティス・リーグ』スナイダー・カットに登場するジョーカーの描写について、「ネタバレ注意」と伝えられる内容が含まれています。

このページには、『ジャスティス・リーグ』スナイダー・カットに登場するジョーカーの描写について、「ネタバレ注意」と伝えられる内容が含まれています。

バットマンvsジョーカー、ついに

Vanity Fairが伝えるところによると、『ジャスティス・リーグ』スナイダー・カットでジョーカーが登場するのは、最強ヴィランのダークサイドが地球を制圧した後の場面。『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』(2016)でブルース・ウェインが見た悪夢、いわゆる「ナイトメアバットマン」が登場するシーンだ。

ここでジョーカーは「未来のクリスマスの霊」のような立場で姿を見せるという。「未来のクリスマスの霊」とはチャールズ・ディケンズの『クリスマス・キャロル』に登場する霊で、主人公の男が無残に死んでしまう未来を見せる存在。スナイダー・カットでジョーカーは、ブルース・ウェインにとっての「未来のクリスマスの霊」として登場するということだ。ザック・スナイダー監督はこう語っている。

「このシーンのすごいところは、ジョーカーがバットマンと直接対峙して、バットマンについて話すというところです。バットマンは誰なのか、どんな存在なのかを、ジョーカーが分析する。DCユニバースのファンにとって待望でしょう。ジャレッド・レトのジョーカーと、ベン・アフレックのバットマン、彼らはこれまで対峙したことがなかった。バットマンとジョーカーという存在が一緒にならないままだなんて、僕からしたらイケてないと思ったんです。」

ようやく『バットマン vs スーパーマン』ナイトメアバットマンの伏線が回収されることになる。ナイトメアバットマンが携えていた機関銃にはジョーカーのトランプカードが貼り付けられていたが、ついにその理由が解明されると、スナイダー監督は説明しているのだ。

アラン・ムーアとブライアン・ボランドの名作コミック『バットマン:キリングジョーク』をはじめとする数々の原作コミックや、映画『ダークナイト』(2008)でも描かれてきたように、バットマンとジョーカーはいわば紙一重、表裏一体とも言えるほどの因縁の関係。ついにベン・アフレック版バットマンとジャレッド・レト版ジョーカーが相まみえるとあって、ファンは念願が叶うような思いだろう。

映画『ザック・スナイダーズ・ジャスティス・リーグ(原題:Zack Snyder’s Justice League)』は2021年3月18日にHBO Maxにて米国配信開始。海外でのリリース日およびリリース計画は準備が整い次第発表されるということだ。

Source:Vanity Fair

THE RIVER

「ジョーカー」をもっと詳しく

「ジョーカー」のニュース

「ジョーカー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ