ジブリ初のフル3DCGアニメーション「アーヤと魔女」4月に劇場公開

2月11日(木)17時31分 映画ランドNEWS

スタジオジブリ初のフル3DCGアニメーション「アーヤと魔女」が4月29日(木・祝)より劇場公開される。


アーヤと魔女


宮﨑駿監督作品『ハウルの動く城』(2004年)の原作者で「ファンタジーの女王」とも呼ばれるイギリスの作家、ダイアナ・ウィン・ジョーンズによる小説「アーヤと魔女」。この原作を企画・宮﨑駿、監督・宮崎吾朗の下、国内外から結集した精鋭スタッフによって映像化。スタジオジブリ初のフル3DCGアニメーションとして完成、昨年12月30日にNHK総合テレビにて放送された。当初より映像・音響を映画基準で制作しており、一部新たなカットを追加し、4月29日(木・祝)より劇場公開される。最先端の音響と映像技術で作品への没入感を味わえるドルビーシネマでの上映も決定した。


アーヤ役には、オーディションで選ばれた平澤宏々路を抜擢。アーヤと暮らすド派手な魔女のベラ・ヤーガ役を寺島しのぶ、同居人である長身の怪しげな男・マンドレーク役を豊川悦司、魔法の秘密を知る使い魔の黒猫・トーマス役を、濱田岳が演じている。予告映像には、魔法のかかった不思議な家で、怖そうな魔女を相手に奮闘する主人公・アーヤの奮闘が描き出されている。



企画:宮﨑駿 コメント




「アーヤと魔女」の児童書に出会ったとき、こんないい企画はないと思いました。
アーヤのしたたかさというのは、ずるいということじゃない。
昔はみんな持っていて、なぜか無くしてしまったもの。
こんな時代を生きるために、必要なことなのです。
今回CGを使うということで、どういう風にやるんだろうと思っていたけど、
出来上がったものを見て、不満がなかったです。
鉛筆で描かなくて、CGであることによって、解放されています。
映画は面白かった。
とても良いスタッフがそろって、作品が持っているエネルギーをちゃんと伝えていて、面白いんです。
本当に手放しで褒めたい。単純に面白いと言えるのは、良いことなんです。


監督:宮崎吾朗 コメント




アーヤを劇場で上映していただけるなんて、本当に幸せです。
大きなスクリーンで観るアーヤは音も格別です。
沢山の方に観ていただけることを心から願っています。


プロデューサー:鈴木敏夫 コメント




昨年末、沢山の人に観てもらった、アーヤ。
コロナの空気を吹き飛ばすアーヤの元気な姿を、ぜひ映画館で観てください。


「アーヤと魔女」は4月29日(木・祝)より全国ロードショー


(C)2020 NHK, NEP, Studio Ghibli


映画ランドNEWS - 映画を観に行くなら映画ランド

映画ランドNEWS

「ジブリ」をもっと詳しく

「ジブリ」のニュース

「ジブリ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ