ジェニファー・アニストンが輝いて「ドラマ映え」を実感。「ザ・モーニングショー」はシーズン2もある。

2月10日(月)20時0分 海外ドラマboard

「AppleTV+」オリジナル・ドラマの中で観るとしたら、とりあえずコレ。ニュース番組の制作現場を舞台にしたドラマ「ザ・モーニングショー」シーズン1(全10話)の感想と小ネタです。

2019年11月1日よりサービスが始まった動画配信サービス「AppleTV+」(アップルティービープラス)に加入しています。

海外ドラマ・ファンのわたくし。

初日に加入〜!(←やる気マンマン)

「AppleTV+」アプリを開き、「さて、どんなオリジナル・ドラマが配信されてるかな」とワクワクしながらラインナップを確認してみたら…。
配信中の「AppleTV+」オリジナル・ドラマは数本だけ。

「こんだけーーっ?!」と思って、ひっくり返りそうになりましたけども。

月額600円という安さだし、サービスが始まったばかりだと、作品ラインナップも、まあこんなものでしょうか〜。
きっとそのうち、オリジナル・ドラマの数も増えていくことでしょう。

そんな「AppleTV+」オリジナル・ドラマの中で、大人が楽しめるドラマを発見。
それが「ザ・モーニングショー」。

ジェニファー・アニストンリース・ウィザースプーンというハリウッド2大女優が共演、朝のニュース番組の制作現場を舞台にしたドラマですけども。

やはりジェニファー・アニストンとリース・ウィザースプーンって只者じゃない。

スター様!

そんじょそこらのドラマ女優とはオーラの量が違う〜。

噴出量が違う〜!!(←ガスかい)

こちらの写真が2大女優。↓

NEW YORK, NEW YORK - OCTOBER 28: Jennifer Aniston and Reese Witherspoon attend the Apple TV+'s

とくにジェニファー・アニストンって、映画の中で見ると、少し安っぽく感じてしまうのですが。
ドラマの中だと、めちゃめちゃ輝いてますね。

さすが、伝説のコメディ・ドラマ「フレンズ」での主演で一世を風靡しただけのことはある。

そして「フレンズ」を観たブラッド・ピットに見初められ、抱かれただけのことはありますよ!

実感しました、ジェニファー・アニストンの「ドラマ映え」!!

今回の記事では、そんな「ザ・モーニングショー」シーズン1(全10話)を紹介させていただきます。
*ネタバレはありません。

ジェニファー・アニストンが演じるのは、大物ニュースキャスター、アレックス役。
リース・ウィザースプーンは破天荒なレポーター、ブラッドリー役として登場。

まずは、どっしりとした風格のアレックスと、行動的なブラッドリーとのやり取りが、「どこの職場でもありがちな、上司と部下のやり取り」みたいで面白いです。

そして、彼女たちのツーショットを眺めているだけで贅沢な気分に。

スター効果ですよ!

こちらの写真は、2020年の第77回ゴールデングローブ賞授賞式で、プレゼンターとしてステージに立った2人。
相談してドレスのお色を選んだのかな。↓

BEVERLY HILLS, CALIFORNIA - JANUARY 05: In this handout photo provided by NBCUniversal Media, LLC, Jennifer Aniston and Reese Witherspoon speak onstage during the 77th Annual Golden Globe Awards at The Beverly Hilton Hotel on January 5, 2020 in Beverly Hills, California. (Photo by Paul Drinkwater/NBCUniversal Media, LLC via Getty Images)

ドラマ劇中では、気持ちをぶつけ合っているアレックスとブラッドリーですけども。
たま〜に、気持ちを通じ合わせる場面があって、感動ポイントになっていました。

アレックスはブラッドリーの存在にイライラしているので、最初は「アレックスが悪役なのかな?」と思っていたのですが。
話数が進むと、「アレックスだって大変。泣きたい夜もある。女の子だもん」みたいなエピソードが。

「悪そうに見えるけど、根は悪くない」という調整が入り、キャラクターに人間味を持たせようとする、スタッフの苦労がうかがえました。

ウィザースプーンはブロンド・ヘアを少しダークに染めて、アニストンの方に「ブロンド美人枠」を譲っているんですよね〜。
役作りも入念でした。

そんなキャラクターの深掘り効果もあり、第77回ゴールデングローブ賞のテレビドラマ部門では、最優秀女優部門(テレビドラマ)で、ジェニファー・アニストンとリース・ウィザースプーンがノミネートを果たしました。

とくに、ドラマ内でジェニファー・アニストンが泣いたりキレたりする場面を観て「ハハ〜ン、この見せ場でノミネートをもぎ取ったね。やるね」と思いました。

「ザ・モーニングショー」は、働く女性が男性社会や権力に立ち向かうという、戦いの物語なんですよね〜。

朝のニュース番組「ザ・モーニングショー」の顔だったキャスター、ミッチ・ケスラーが女性への性的暴行容疑でクビになったことをきっかけに、アレックスとブラッドリーが騒動に巻き込まれる、という展開。

それらのセクハラ行為は、テレビ局自体に根付いている「闇の風習」であることが、少しずつ明らかになりますよ。

「男性はセクハラ行為を見て見ぬふり」っていう。

「知らぬ存ぜぬ」っていう!

FOXニュースの元CEO、ロジャー・エイルズによる女性職員へのセクハラ問題を感じさせるタイムリーなテーマとなっています。

ロジャー・エイルズの一件は、シャーリーズ・セロンニコール・キッドマン、マーゴット・ロビー共演の映画「スキャンダル」(2020年2月21日公開)でも描かれています。
そのため、今回のドラマを観たときの第一印象も「スキャンダルっぽいな」と思いましたけども。

こちらの写真が映画「スキャンダル」に出演している3大女優。
濃いですね〜。↓

WESTWOOD, CALIFORNIA - DECEMBER 10: Nicole Kidman, Margot Robbie and Charlize Theron attend Special Screening Of Liongate's

ドラマは、ハリウッドの大物映画プロデューサー、ハーヴェイ・ワインスタインによるセクハラ問題から発展した「Me Too運動」も踏まえた内容。

「ハラスメント騒動・総決算」とでも言うような、「総合ハラスメント大作」に仕上がっていたと思います。

そうなると、「硬そうな社会派ドラマかな。あんまり楽しそうじゃないな」と思うかもしれませんが。

主演のジェニファー・アニストンとリース・ウィザースプーンの持ち味が堅苦しさを払拭。

ミッチ・ケスラー役を演じたスティーヴ・カレルを含め、コメディ演技で魅力を出せる人材が多く出演していて、演技が軽妙〜。

とくにジェニファー・アニストンは、暴れたりする場面になるとキュートで、思わず笑ってしまうことも。
こちらの写真が、ちょっと笑えた場面。
一般人に対して「ちょっとアンタ!その携帯よこしなさいよ!!」的なことを言う場面です。
一般人役の人が、ものすごく一般人ぽい〜。↓

NEW YORK, NY - MAY 09: Jennifer Aniston (L) seen on location for 'The Morning Show' in Manhattan on May 9, 2019 in New York City. (Photo by James Devaney/GC Images)

タイムリーな社会問題を扱いながらも、軽快な演技でカジュアルに楽しませてくれるバランス感が最高〜。

結果「現代的なブラック・コメディ」とでも言うようなジャンルを作り上げていました。

報道局長コリー・エリソン役はビリー・クラダップでした。
実生活では、メアリー=ルイーズ・パーカーとクレア・デインズの元カレですね。↓

NEW YORK, NEW YORK - OCTOBER 28: Billy Crudup attends the Apple TV+'s

こちらの写真が、メアリー=ルイーズ・パーカーとの交際時。
食べてるおつまみが庶民的〜。↓

Billy Crudup and Mary-Louise Parker (Photo by Larry Busacca/WireImage)

こちらの写真がクレア・デインズとの交際時。
野球の指導中でしょうか。↓

Billy Crudup shows Claire Danes some batting tips (Photo by Jemal Countess/WireImage)

番組スタッフ役はググ・バサ=ロー。
物語の鍵を握る大役でした。↓

BEVERLY HILLS, CALIFORNIA - JANUARY 05: Gugu Mbatha-Raw attends The 2020 InStyle And Warner Bros. 77th Annual Golden Globe Awards Post-Party at The Beverly Hilton Hotel on January 05, 2020 in Beverly Hills, California. (Photo by Matt Winkelmeyer/Getty Images for InStyle)

ニュース番組のプロデューサー役はマーク・デュプラスでした。
マーク・デュプラスは、ロジャー・エイルズのセクハラ事件を描いた映画「スキャンダル」にも出演しているんですよね〜。
「ハラスメント作品」には欠かせない、「ハラスメント男優」に急成長〜!(←言い方が悪いですか)↓

NEW YORK, NEW YORK - OCTOBER 28: Mark Duplass attends the Apple TV+'s

シーズン2も製作中の「ザ・モーニングショー」。
新シーズンもハラスメント問題をテーマにするのかは不明です。

コメディ演技が上手な俳優さんが何人も出ているし、シーズン2は思いっきりハジケたコメディ路線にならないかなぁ〜。

海外ドラマboard

「ドラマ」をもっと詳しく

「ドラマ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ