BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

遺産裁判で実子に勝った家政婦「毎日の生活だけでいっぱい」

NEWSポストセブン2月11日(木)7時0分

 資産家女性の遺産をめぐる、実の娘と家政婦との裁判が行われた──。 資産家女性・吉岡初子さん(享年97)は、全財産3000万円を家政婦に残すと遺言を残し、2011年に死去した、娘たちはその遺言を無効として家政婦に一銭も渡さなかったため、家政婦の石川美津さん(仮名・68才)は裁判を起こした。


 美津さんが仕えた吉岡家は映画界では有名な一家だった。美津さんは14才から、初子さんの父・吉岡重三郎氏のもとで働き、重三郎氏の死後は初子さんと夫・定美氏に仕えた。美津さんは結婚をすることもなく、1984年に定美氏が亡くなってからも、住み込みの家政婦として初子さんの身の回りの世話を続けていた。


 裁判資料によると、美津さんは、《定美が亡くなる少し前から無給で働くようになった》というが、それは定美氏が亡くなる1年前に《初子が亡くなる際には一定額の退職金を支払う旨明言》しており、《初子は、自身が亡くなった際には自身の財産の全てを退職金代わりに(美津さんに)遺贈することにより亡夫の遺言を実現させようとした》のだ。美津さんはその気持ちに応えようと、2001年に初子さんが脳梗塞と脳循環障害を発症し歩行障害を抱えたときにも、介護をし献身的に尽くした。


 初子さんが亡くなったのは2011年。そこで、初子さんが生前作っていた「一切の財産を美津さんに遺贈する」旨が記載された遺言が見つかった。


 裁判では、娘たちが有効性に疑問を抱いていた遺言書について、当時の医師の証言や弁護士とのやりとりから、「有効」だと判断された。


《遺産も減少し、初子自身の生活も不安定な状況となりながら、一方では長年にわたり多額の援助をしてきた被告ら(娘たち)が、さらに初子の援助を受けてペナン島に移住してしまい、初子の面倒を見ることを放棄してしまった》


 一方の美津さんは、《初子に常に付き従ってきた》と認め、美津さんへの感謝の念とそれまでの恩に報いる思いは、《本件遺言において実現したものと認めるのが相当》と結論づけた。つまり、「介護せず資産のみに執着する実娘と違い、献身的に仕えてきた家政婦に遺産で報おうとする心情は自然」というわけだ。



 裁判後、女性セブン記者は美津さんを訪ねた。真っ白な雪をかぶった段々畑や山肌が迫る谷間を抜け、さらさらと流れる清流を眼下に見ながら、いくつもの小さなトンネルを抜けた東北の海沿いの町にぽつんと建つ小さな家に美津さんは親族と暮らしていた。


 錆びたトタン屋根に、風雨にさらされ崩れそうな板壁で、インターホンや表札などはない。入り口らしい引き戸から中に声をかけると、美津さんが出てきてくれた。


「今は本当に毎日の生活だけでいっぱいで。何をする気もなくて、前に進まなきゃいけないと思うんだけど、とてもとても…」


 足を引きずり腰をかがめ、それでもしっかりとした口調でそう話す美津さんは今、年金を頼りに弟の面倒を見ているのだという。


 一方娘は、都内の閑静な住宅街にある一戸建てに住んでいた。3階建ての家のガレージには外車が停まっており、美津さんの暮らし向きとは雲泥の差だ。家を訪ねたが、こちらはインターホン越しに女性の声で、「お手伝いなのでわかりません」と繰り返すのみ。今後、娘側が控訴をしてくる可能性も充分あり、遺産をめぐる争いからはまだまだ目が離せない。


※女性セブン2016年2月25日号

NEWSポストセブン

はてなブックマークに保存

NEWSポストセブン

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「遺産裁判で実子に勝った家政婦「毎日の生活だけでいっぱい」」の関連ニュース

注目ニュース
有吉弘行の元相方がユーチューバーデビュー、「ついにここまで…」と酷評の嵐 アサ芸プラス5月26日(金)9時59分
「進め!電波少年」のユーラシア大陸横断ヒッチハイクで知られる猿岩石の元メンバー・森脇和成がユーチューバーデビューした。[ 記事全文 ]
田中聖容疑者の弟、「家族なので最後まで信じたい」 日刊スポーツ5月26日(金)13時19分
大麻取締法違反容疑で現行犯逮捕された元KAT−TUN田中聖容疑者の弟で俳優の田中彪(ひょうが)が「最後まで信じたい」と心境を明かした。[ 記事全文 ]
坂上忍の一言でカフェ倒産危機、ちはる恨み節 日刊スポーツ5月25日(木)14時6分
90年代にバラドルとして活躍したタレントのちはる(47)が、現在経営するカフェが俳優坂上忍の一言によって倒産危機を招いたとして恨み節を口に…[ 記事全文 ]
芥川賞作家の羽田圭介、直近3か月の月収告白 ナリナリドットコム5月26日(金)6時47分
芥川賞作家の羽田圭介(31歳)が、5月25日に放送されたバラエティ番組「じっくり聞いタロウ〜スター近況(秘)報告〜」(テレビ東京系)に出演。[ 記事全文 ]
酒井藍、吉本新喜劇初の女座長就任 最年少30歳で小籔の記録も更新 オリコン5月26日(金)12時0分
吉本新喜劇の酒井藍(30)が7月26日に新たな座長に就任することが5月26日、発表され、大阪・生國魂神社で座長就任会見を行った。[ 記事全文 ]

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア