木村良平さん、代永翼さんの今だから話せるオーディション秘話とは? TVアニメ『ちるらん にぶんの壱』声優インタビュー

2月12日(日)18時30分 アニメイトタイムズ

 2017年1月よりTVアニメが放送中の『ちるらん にぶんの壱』。月刊コミックゼノンで連載中の『ちるらん 新撰組鎮魂歌』(原作:梅村真也 漫画:橋本エイジ)のスピンオフ作品である本作では、ディフォルメ化した新撰組隊士達の日常がコミカルに描かれています。

 この度、斉藤一役の木村良平さん、沖田総司役の代永翼さんにインタビューを実施! TVアニメ『ちるらん にぶんの壱』で自身が演じる役柄への印象やオーディションの思い出などをうかがいました。さらに、2月13日放送の第6刀「愛用(トレードマーク)」の場面カットもインタビューとともにお届けします!声優陣の意外な姿が見られるかも……!
──TVアニメ『ちるらん にぶんの壱』への出演が決まった時の印象を教えてください。

斉藤一役・木村良平さん(以下、木村):これは誰と共演するかが気になりましたね。

沖田総司役・代永翼さん(以下、代永):確かに。僕も他のキャストが誰になるか気になりましたね。──今回は鈴木達央さんや梅原裕一郎さん、蒼井翔太さんなど豪華キャストが勢ぞろいしていますが、いかがでしょうか?

木村:凄く面白いですね! 渉さん(近藤勇役・高木渉さん)やこにたん(芹沢鴨役・小西克幸さん)など、まだ声を聴けていないキャストの方もいるのですが、俺のなかでは梅ちゃん(梅原裕一郎さん)が永倉新八のようなキャラクターを演じるのは新しいなと思いました。

代永:僕もあんなに突っ込んでいる梅ちゃん初めて見たかも。それに、蒼井くんが原田左之助を演じることにも凄くびっくりしましたね。

木村:たつ(土方歳三役・鈴木達央さん)は安心のたつでしたね。──代永さんはのほほんと穏やかな沖田総司というキャラクターを演じられてみていかがでしたか?

代永:僕のなかの沖田像はのほほんとしていて優しく、なにを考えているのか分からない不思議な人だったので、今回の沖田総司はとても演じやすかったですね。なによりも新撰組のキャラクターを演じたことがなかったので、沖田総司役として選んでいただいてとても嬉しかったです。

木村:俺としては代永がもう少し喋るといいなと思います。

代永:僕自身もこんなに喋らないと思わなくてびっくりしているんだよね(笑)。沖田はあまり長いセリフを喋るキャラクターではなくて、基本は周りがわいわいしている光景をのほほんと見ていて、決めのタイミングで出てくることが多いですね。──木村さんは斉藤一というサディストなキャラクターを演じられてみていかがでしたか?

木村:めっちゃ楽しいですよ。本当に口が悪いクソヤローなんですけど、こういう手のかかるやつが仲間のなかで1人いてもいいなと思うし、芝居に関しても大きく伸び伸びやらせていただいているので。『ちるらん 新撰組鎮魂歌』でも演じてみたいなと思うキャラクターです。代永さんがオーディションで……
──ちなみに、オーディションではどのキャラクターを受けられたのでしょうか?

代永:僕は沖田でした。

木村:俺は斉藤と沖田、土方を受けましたね。──オーディションでは原作のセリフを読まれたとのことですが、今だから話せる印象的な出来事や思い出はありますか?

木村:事前に収録するテープオーディションだったんですけど、自分で収録した音声を送る前に確認していたら「あれ、なんかおかしいな……?」と思って。改めて聞き直してみたら、なぜかは分からないんですけど、無意識のうちに歳三(としぞう)を「さいぞう」って呼んでいて。「もう!」と思いながら録りなおしました。そのまま送っちゃおうかなとも思ったんですけど(笑)。

代永:その気持ち分かる気がする!(笑) なんとなく読んじゃう時あるよね。──TVアニメ『ちるらん にぶんの壱』はショートアニメーションですが、そのなかで自身が演じるキャラクターの個性を出すために意識した点はありますか?

木村:演出面でいうと、オーバーなくらい演じるシーンもあって、キャラクターそれぞれの個性のなかで一番強い部分を引っ張り出そうとしてくれるのを感じましたね。

代永:これだけのメンバーが揃っているので個性が被ることがないし、役のイメージにぴったりはまっている人もいれば、今までに演じたことがない役柄を演じているキャストもいます。そういう意味でもとても面白いキャスティングだなと思いました。きっと『ちるらん にぶんの壱』を観てくれた人は、「あのキャストがこのキャラを!?」とびっくりしてくれると思うし、楽しんでもらえるんじゃないかなと思います。──最後に『ちるらん にぶんの壱』を楽しみにしているファンの方にコメントをお願いします。

木村:『ちるらん にぶんの壱』は原作を見たことがない方でも楽しめるように登場人物の自己紹介もあります。これだけ見ても腹を抱えて笑えるような楽しいお話しになっていますよ。原作のシリアスな面を知ってからアニメを見ていただけると、2倍も3倍も楽しんでもらえると思うので、是非とも原作と合わせてみていただくとことをおすすめします。

もちろん、TVアニメを楽しんでいただいてから原作を楽しんでもらえるのも嬉しいです。どちらが先でもよいので、両方楽しんでもらえると嬉しいです!

代永:『ちるらん にぶんの壱』はアニメ単体でも笑ってみていただける作品ですし、原作を読んだ方はより新撰組の仲の良さや日常生活、各々が考えを持ってこの屯所にいるという思いも感じられて面白いと思います。

本編の方は戦いが多くて血しぶきが飛び交うこともあるんですが、刺激が欲しいときは原作を、癒しが欲しいときは『ちるらん にぶんの壱』を見て笑っていただければと。2倍楽しんでいただける作品になっていますので、是非とも応援していただければ嬉しいです。──ありがとうございました![取材&文・河内香奈子]


『ちるらん にぶんの壱』LINEスタンプが配信スタート! TVアニメ「ちるらん にぶんの壱」がスタンプになって登場!強く、激しく、そしてキュート☆史上もっともユル〜い新撰組、見参!

>>http://line.me/S/sticker/1361822 (LINE STORE)

アニメイトタイムズ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

アニメをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ