「『ボヘミアン・ラプソディ』を6回観た」THE ALFEE高見沢俊彦が語る「クイーンに泣いた日」

2月12日(火)11時0分 文春オンライン

 映画『ボヘミアン・ラプソディ』の快進撃が止まらない。


 2019年1月末には興行収入が100億円を超え、昨年の邦画と洋画を併せた興行収入もトップとなった。



THE ALFEEリーダー 高見沢俊彦さん


 第76回ゴールデン・グローブ賞では作品賞と男優賞の2冠を達成。2月24日に発表される第91回アカデミー賞でも、作品賞や主演男優賞を含む5部門にノミネートされている。


 そんな『ボヘミアン・ラプソディ』、そして、クイーンのフレディ・マーキュリーの魅力について、THE ALFEEのリーダー高見沢俊彦さんと、音楽評論家の東郷かおる子さんの対談が実現した。


僕が理想とするハードロッカー


 高見沢さんは高校生の頃、ロック好きの女の子が貸してくれた、クイーン2枚目のアルバム『クイーンⅡ』を聴き、“グラムロックとハードロックを融合させた完成形で、僕が理想とするハードロッカー”だと驚いたという。そこからクイーンにハマり、今作も映画館で6回も鑑賞したそうだ。



 一方、雑誌「ミュージック・ライフ」の編集者としてクイーンを間近で取材した東郷さんは、75年の初来日の様子を振り返る。当時、デビューしたイギリスでは「グラムロックの残りカス」と酷評されていたクイーン。ところが、彼らのビジュアルに日本の女の子たちは熱狂した。メンバーが降り立った羽田空港には、なんと2000人もの女性ファンらが集まったのだ。ギタリストのブライアン・メイは「ちっちゃな女の子たちが押し寄せてきて、別の惑星に降り立ったのかと思った」と話したという。



東郷 日本では少女漫画文化があって、なんかフワフワしてきれいなものが好きなんです。そういう意味で、クイーンはほかのバンドとはまったく異質でした。


「ミュージック・ライフ」で紹介したらワーッと女の子たちが飛びついて、あとは雪だるま式ですよ。あまりの熱気にかえって男性たちは「あんなの宝塚だろ」ってそっぽ向いちゃった。宝塚の人たちに失礼よね。


高見沢 そうなんですか? 見た目だけで騒いでいると。


東郷 男性読者なら「彼のギターはどこのメーカーですか?」といった問い合わせがあるのに、女の子たちはそんなことに興味がない。「身長と体重を教えてください」とか「家族構成は?」とか(笑)。


高見沢 「好きな色は何ですか?」とか(笑)。でも、それから世界的ロックスターになるんだから、日本の女性たちの先見性はすごいですね。



 話題は、クイーン来日当時のTHE ALFEEのことにも及んだ。


高見沢 僕はあの日、チケットを持っていたのにいけなかったんですよ。


東郷 えー、もったいない。


高見沢 75年はデビューの翌年で、あちこちでバックバンドを務めていたんです。それで、ちょうど仕事が入っちゃった。うちのメンバーでは桜井ひとりが武道館ライブを聴いてるんです。


ラストアルバム『イニュエンドウ』を聴いた瞬間


 ヒット曲を連発し、世界的なスターとなっても、フレディにはどこか孤独がつきまとった。


 91年、クイーン実質上のラストアルバム『イニュエンドウ』を聴いた瞬間、東郷さんが「もうフレディは長くない」と感じ、高見沢さんも「泣いた」という、その理由とは——。



 ふたりのフレディへの愛がほとばしる対談「『クイーン』は私たちの青春だった」は、 「文藝春秋」2月号 に全文掲載されている。


 日本人に愛され、日本での人気が世界的なヒットへとつながったクイーン。映画を観ていない人にはもちろん、すでに何度も観た人にも新たな発見がある対談だ。



(「文藝春秋」編集部/文藝春秋 2019年2月号)

文春オンライン

「ボヘミアン・ラプソディ」をもっと詳しく

「ボヘミアン・ラプソディ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ