NHK伝説『ラルク』“ブチ切れ”事件の真相を爆笑・太田が明かす

2月12日(火)11時3分 まいじつ


【関連】「イメージと違う!」米津玄師の“パリピ”疑惑に落胆の声が飛び交うほか


2月5日放送のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(TBSラジオ)で、『爆笑問題』太田光が“芸能界の都市伝説”の1つの真相を明かした。


それは、超人気バンド『L’Arc〜en〜Ciel』が、太田から“ビジュアル系”と呼ばれてブチ切れ、音楽番組『ポップジャム』(NHK)の収録を途中退席したというものだ。


太田は「あの話には誤解されてるところがいっぱいある」「実は、ラルクがキレたのは、俺にじゃないんだよ」と明かし始めた。


太田によると、当時の『ポップジャム』は、『LUNA SEA』『GLAY』そして『ラルク』の3組でもっているようなものだった。そのため、収録場所のNHKホールは、LUNA SEAが出る日はLUNA SEAのファンだけ、ラルクが出る日はラルクのファンだけで埋まってしまうそうだ。


そんな中、番組のMCを務めていた太田は、ラルクをゲストに迎えることに。そこで、ラルクメンバーの顔写真にさまざまな髪型を合成する企画を行ったのだが、ここで太田が写真を見ながら「新しいビジュアル系だね」とツッコんだ。


その後、楽曲を演奏するコーナーに進むと、何とリーダーのtetsuyaがドラムセットを蹴っ飛ばし、途中で退席してしまったという。


実はこの収録では、ラルクから「“ビジュアル系”と呼ばないで」とNHKサイドへあらかじめ注文があったのだが、NHKが太田に伝え忘れていたため、太田は普通にNGワードを発してしまったそうだ。



大筋は都市伝説通りだった


楽屋に戻ったラルクを呼び戻しに太田が向かうと、tetsuya以外のメンバーは笑顔で太田に「すいませんね」と対応。一方でtetsuyaは「太田さんには何も責任もありません。ただ、僕はNHKとそういう約束なんで、ここは譲れないんです、すみません」と、丁寧な口調で収録続行を断った…、これが“ブチ切れ事件”の真相だ。


なお、太田はラルクの態度に対して「なんだ、アイツら! ふざけんなバカ野郎!(会場は)全部お前らのファンじゃねぇか!」「あんな奴ら二度と呼ぶなバカ野郎!」とキレたらしい。


「音楽界で長年語り継がれてきた“ポップジャム事件”の真相が分かったのですが、結局ラルクがブチ切れたのは本当でしたね。ファンからも『番組が悪かったにしろ、ほとんどは言い伝え通りだなwww』『基本的には間違っていなかったという衝撃』『結局キレて帰ったのは事実なんかーい!』といった声が上がっています」(音楽誌記者)


2016年に開催されたビジュアル系音楽フェス『VISUAL JAPAN SUMMIT』には、『X JAPAN』『LUNA SEA』『GLAY』『清春』らとともに、ラルクから“tetsuya以外”のメンバー3人が出演。今もtetsuyaに“ビジュアル系”はNGのようだ。



まいじつ

「NHK」をもっと詳しく

「NHK」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ