上白石萌音、恋愛映画ヒロインは「絶対うそだと」

2月12日(火)18時45分 日刊スポーツ

映画「L・DK ひとつ屋根の下、『スキ』がふたつ。」の完成試写会に出席した、左から横浜流星、上白石萌音、杉野遥亮、川村泰祐監督

写真を拡大


上白石萌音(21)杉野遥亮(ようすけ=23)横浜流星(22)が12日、都内で、映画「L・DK ひとつ屋根の下、『スキ』がふたつ。」(川村泰祐監督、3月21日公開)の完成試写会に出席した。
恋愛映画初挑戦の上白石は「最初に言われた時は、絶対うそだと思いました。手違いが人違いか…。私が少女漫画のヒロインなんてやるわけない、と。不安しかなかった。おふたりに支えられました」と、杉野と横浜に感謝。作品の感想を聞かれると「誤解を恐れずに、言うと見られたもんじゃなかった。恥ずかしくて、立ち上がれなかった。ぜひもん絶してほしい」と、照れまくっていた。
バレンタイン間近ということで、上白石が手作りしたチョコレートが登場。胸キュンワード対決で勝った方が食べられるということで、杉野は「大切」という言葉を、横浜は「大好き。付き合って」をチョコレートに描いた。杉野は「今日は大切なイベントという気持ちがあった」と話し、横浜は「胸キュンさせなきゃと思って」。上白石は「大好き」の方を選び、「どっちもドキッとした」と2人に拍手を贈った。

日刊スポーツ

「上白石萌音」をもっと詳しく

「上白石萌音」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ