ジャン=ポール・ベルモンド傑作選2、上映作品&公開初日決定!

2月12日(金)14時0分 Rooftop

ジャン=ポール・ベルモンド傑作選2(ポスター).jpg

昨年秋、予想を超えるスマッシュ・ヒットを飛ばし、コロナ禍で遠ざかっていた中高年層を「ベルモンドが映画館に呼び戻した!」と話題になって、それまでベルモンドを知らなかったミレニアル世代も虜にした「ジャン=ポール・ベルモンド傑作選」。 全国の公開劇場では上映全8作品をコンプリートした熱心な観客から「もっとこんな作品も観たい!」「どうして○○は上映されないのか?」といった声が多数寄せられたことから、急遽「ジャン=ポール・ベルモンド傑作選2」(提供:キングレコード/配給:エデン)の開催が決定。

去る11/20(金)から12/13(日)の間、東京はじめ「傑作選」上映中の名古屋・関西の4劇場にて「次に観たいベルモンド出演作」を募る“ベルモンド映画総選挙”を実施し、このほど、投票結果(※別表参照)を元にベルモンド映画の決定版にして最高傑作の呼び声高いフィリップ・ド・ブロカ監督の名作『リオの男』、『カトマンズの男』をはじめとした5作品を選出、5/14(金)から新宿武蔵野館での公開が決定し、「冒険は終わらない。」というキャッチコピーを配した新たなポスター・ビジュアルが完成。

上映作品

※全作品、松浦美奈さんによる完全新訳日本語字幕版

『リオの男』 (1964年/フランス・イタリア合作映画) 総選挙第1位
監督:フィリップ・ド・ブロカ(「大盗賊」) 共演:フランソワーズ・ドルレアック(「ロシュフォールの恋人たち」)
※パリからリオへ、冒険、冒険、また冒険!ベルモンド×ド・ブロカ監督コンビによるベルモンド映画の決定版にして最高傑作!
★HDリマスターによる57年ぶりの劇場公開

『カトマンズの男』 (1965年/フランス・イタリア合作映画) 総選挙第4位
監督:フィリップ・ド・ブロカ(「大盗賊」) 共演:ウルスラ・アンドレス(「007 ドクター・ノオ」)、ジャン・ロシュフォール
※香港、マレーシア、ネパール…、さらに危険で過激な大冒険の連続! ベルモンド×ド・ブロカ・コンビのもう一つの最高傑作!
★HDリマスターによる55年ぶりの劇場公開

『相続人』 (1973年/フランス・イタリア合作映画) 総選挙第9位
監督:フィリップ・ラブロ(「危険を買う男」)共演:カルラ・グラヴィーナ、シャルル・デネ、ジャン・ロシュフォール
※スリリング&スタイリッシュ! 巨大財閥の相続人ベルモンドが闇の謀略に挑むクライム・サスペンスの傑作!
★未DVD&ブルーレイ化 ★HDリマスターによる48年ぶりの劇場公開

『エースの中のエース』 (1982年/フランス・西ドイツ合作映画) 江戸木純セレクション
監督:ジェラール・ウーリー(「大頭脳」)共演:マリー=フランス・ピジェ(「真夜中の向う側」)
※1936年ベルリン五輪の真っ只中、ユダヤ人少年を救うべくベルモンドがナチスを相手に大活躍する戦争アクション超大作!
★未DVD&ブルーレイ化 ★HDリマスターによる<日本劇場初公開>

『アマゾンの男』 (2000年/フランス・スペイン合作映画) 特別プレミア上映
監督:フィリップ・ド・ブロカ(「大盗賊」) 共演:アリエル・ドンバール(「海辺のポーリーヌ」)
※『リオの男』から36年、南米アマゾンを舞台にベルモンドが再び大暴れ!ド・ブロカ監督との最後のコンビ作!
★国内未ソフト化 ★HDリマスターによる<日本初公開>

5/14(金)より新宿武蔵野館にて待望のロードショー!
他、テアトル梅田、名演小劇場にても上映決定! 以下、全国にて順次上映。

■提供:キングレコード
■配給・宣伝:エデン

Rooftop

「コロナ禍」をもっと詳しく

「コロナ禍」のニュース

「コロナ禍」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ