けやき坂46、「日向坂46」への改名サプライズにメンバーが絶叫

2月12日(火)12時0分 週プレNEWS

けやき坂46(ひらがなけやき)が、「日向坂46(ひなたざかふぉーてぃしっくす)」に改名することが11日(月)、明らかになった。

改名の発表はメンバーの柿崎芽実、加藤史帆、齋藤京子、佐々木久美、佐々木美玲、小坂菜緒が参加した動画配信「SHOWROOM」内でサプライズとして行なわれ、その瞬間、メンバーは絶叫した。

この日の配信では5つの重大発表ということで、3月27日の単独シングルデビュー、デビューシングルのタイアップ決定、3月5、6日の横浜アリーナでのデビューカウントダウンライブ、単独のオフィシャルサイト&ファンクラブ結成、そしてカウントダウンライブの先行予約開始がメンバーから報告された。

そして、すべての発表が終わったタイミングで、スタッフがキャプテン・佐々木久美に封筒を渡す。メンバーは何事かとおびえ、ひとまず全員で仲良く手をつないで深呼吸。佐々木久美が手紙を読み始めると、メンバー前のモニターに映像が流れ、改名が発表された。

普段クールな齋藤が飛び上がり、佐々木美玲は「めっちゃいい」と興奮。柿崎は目に涙を浮かべ、加藤と佐々木久美は抱き合った。そして全員で肩に手をかけて円陣。喜びを爆発させた。

齋藤は「3年間やってきていちばんの夢だった。うれしい」と感涙。加藤も「"ひらがなけやき"のままでいいのかなって、ずっと悩んでいた。うれしくなって、頭が真っ白になった」と笑顔を見せた。佐々木久美は「こんな幸せなシングルデビューができるなんて」と涙ぐみながら、「ひらがながなくなっちゃうのは残念ですけど、走り出す姿を見てほしい」と力強く宣言した。

終了後の囲み会見では、日向坂になったことについて、柿崎は「"ヒ"から始まるので、今と同じポーズが使えるのがうれしい」と話し、小坂は「今のグループの印象にぴったり」と感想を語った。また佐々木美玲は「乃木坂さんは清楚で、漢字さん(欅坂46)は迫力って武器があって、私たちは何が武器だろうって悩んだんですけど、みなさんが私たちを見て、暖かくなってもらえるのが武器になるんじゃないかなって。それが武器にできるよう頑張ります」とコメント。

けやき坂46と言えばハッピーオーラが売りであったが、日向坂46に改名したことによって、そこに暖かさが加わった。デビューして3年、2019年は彼女たちにとって飛躍の年になりそうだ。

取材・文/関根弘康 撮影/武田敏将

週プレNEWS

「改名」をもっと詳しく

「改名」のニュース

「改名」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ