松本潤の二股相手が嵐ファンの“メキシコマフィア並み”な追撃力に怯える日々

2月13日(月)9時58分 アサ芸プラス

 昨年末、嵐の松本潤と交際が報じられた艶系女優の葵つかさがいまだに嵐ファンからの口撃に悩まされている。

 松本は井上真央と結婚間近の真剣交際中、井上と会えない日々の寂しさを埋めるために葵との逢瀬を重ねていたようだが、嵐ファンの辞書に“ケンカ両成敗”という文字はないようだ。

「スキャンダルが報じられた直後、葵はメンタル的にかなり追い込まれた状態だったようで、開催予定だったイベントは中止となりました。その後、1月17日にツイッターを再開させたものの、2週間後の2月1日には『何を言われてもスルーしようと決めていたけど、何を呟いても憶測でずっと叩いてくる人がまだまだいるのが現状で、私がツイッターをやめたらそういう人達はスッキリするのだろうか…』と、やはり嵐ファンからの攻撃が鎮まっていないことを暗に報告。結果、ツイッターを削除する運びとなりました。葵は『言葉って毎日見てると、気にしないようにしてても、頭のどこかに残っていくんですね』と話していましたが、バッシングが止まないムードを感じながら毎日を過ごすというのは、予想以上に葵を苦しめていたようですね」(エンタメ誌ライター)

 むろん、嵐ファンが全員厄介なファンであるわけがないが、国内アイドルの中でもトップクラスのファン数を抱えるだけに、メンバーの女性問題に敏感なファン多い。

「過去には歌番組のパフォーマンス中、近付いてきたメンバーに触れた女性ファンが熱狂的ファンたちに身元を特定されて炎上、ツイッターを削除する羽目になったこともありました。被害者のファンはツイッター削除後も『嵐ファンが突撃してくるのでは?』という恐怖におののいていたそうです。まるで、組織に損害を与えた人間を孤独死するまで追い詰めるメキシコの薬物マフィアのようですね。しかし、パフォーマンス中のそんなハプニング程度でそこまでになるのですから、葵もツイッターを削除した程度では安心できないでしょう」(前出・エンタメ誌ライター)

 ともあれ、まずはファンとの通信ルートを断つというのは賢明な判断だろう。

(本多ヒロシ)

アサ芸プラス

「松本潤」をもっと詳しく

「松本潤」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ