misono、陰口を叩いた友人への不満をインスタで爆発させブーメラン直撃

2月13日(木)10時14分 アサジョ

 歌手のmisonoが2月7日までにインスタグラムアカウントを更新し、自分に陰口を言っていた友人への怒りを爆発。その後本人から連絡があったことから、現在は「許しました」と報告している。

 misonoは同日、インスタグラムのストーリー機能を利用し、「またかよ…悪口なら良いけど陰口は許せない!優しいうそはいらないし っていうか misonoを傷つけないためとか気を使ってるんだよとかウチに良い顔してさ。それが1番、悲しいんですけど まっもう海外行くし 面と向かって言えないような仲間は友達じゃない」と怒りをぶちまけ、友人から“悪口”ではなく“陰口”を言われたことに憤慨。

 その後、misonoの投稿を見た本人から「どした?大丈夫?」と心配されたことから、misonoは「“自覚ないんかーい!”って笑ってしまい 許しました」と現在ではわだかまりが解消していると報告。「“あなたのことなんですけど”ってなったけど 心配して連絡してきてくれた訳だから“自分が気にしすぎてただけかもしれない”ってなりました(笑)」とも綴っている。

「具体的にどのような陰口をたたかれてしまったのかについての詳細などは言及されず、『面と向かって言えないような仲間は友達じゃない』と言い放ったmisonoですが、そもそもmisono側も陰口を言われた不満を本人に直接ぶつけるのではなく、自身のインスタグラムに書き込むことで間接的に本人に伝えるという形になってしまったわけです。やっていることはその友人とほぼ変わらないとも解釈でき、『SNSに上げて他人の目に晒すのは陰口とどう違うの?』『最初からその本人に聞いたら良かったんじゃないの?』『こういうSNSの使い方が嫌いです』とのブーメランを指摘する苦言が集中。misonoが怒りを滲ませていた相手が芸能人なのか一般人なのかは分かりませんが、3万5000人ものフォロワーを巻き込んで友人への不満を述べるというのは、あまり健全なSNSの利用の仕方とは言えないでしょう」(テレビ誌ライター)

 陰口をたたいてきた友人に腹を立て、SNSを通してその怒りを爆発させるというのはあまりにも遠回りな方法であり、また、影響力の強い芸能人がそのようなやり方を選んでしまえば、無関係な人をも巻き込んでしまうという事実を自覚するべきかもしれない。

(木村慎吾)

アサジョ

「misono」をもっと詳しく

「misono」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ