綾瀬はるか×坂口健太郎『今夜、ロマンス劇場で』週末動員1位、観客から感動の声続々

2月13日(火)20時6分 映画ランドNEWS

2月10日(土)に298館で公開した映画『今夜、ロマンス劇場で』が、3日間で2.4億円を超え、『祈りの幕が下りる時』の3週連続首位を阻止して大ヒットスタートを切った。



映画館には、10代〜60代と幅広い客層が訪れ、男女比は4:6と、恋愛映画としては男性の割合も多く見られている。完全オリジナルストーリーで、興行収入ランキング1位となったのは2018年初。


今夜、ロマンス劇場で


本作を観賞した観客からはSNS上で「今まで見たラブストーリーの中でTOPに躍り出たかもしれない。 主演の二人の仕草、表情がクルクルかわり美しく・可愛く・切なく…終わった時にはハンカチ重くなってた。また観たい」、「映画を愛する全ての人に見て欲しい。改めて映画を好きになれました」、「久しぶりに映画でマジ泣けた、涙腺が崩壊してしまった」、「とにかく切なくていっぱい泣いた。今まで見た映画で1番泣きました」「号泣どころの騒ぎじゃなかった。頭痛くなるくらい泣いたひっさしぶりにあんなに引き込まれた」などと感動の声が寄せられている。





本作は、映画監督を夢見る青年・健司と、彼が長年憧れ続けたモノクロ映画の中から現れた姫・美雪の恋模様を描くロマンティック・ラブストーリー。美雪を綾瀬はるかが、健司を坂口健太郎がそれぞれ演じる。2人は過去に『海街diary』『高台家の人々』で同じ作品に出演するも共演シーンはなく、今作が初共演に。監督を『テルマエ・ロマエ』『のだめカンタービレ』シリーズで知られる武内英樹が務め、オリジナル脚本を『信長協奏曲』の宇山佳佑が手掛ける。


映画『今夜、ロマンス劇場で』は全国公開中


©2018 映画「今夜、ロマンス劇場で」製作委員会


映画ランドNEWS - 映画を観に行くなら映画ランド


映画ランドNEWS

「今夜、ロマンス劇場で」をもっと詳しく

「今夜、ロマンス劇場で」のニュース

「今夜、ロマンス劇場で」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ