クリスチャン・ベール、10年間絶縁の母と和解

2月13日(水)8時18分 ナリナリドットコム

クリスチャン・ベールが、およそ10年間絶縁状態にあった母と和解したようだ。2008年、主演作「ダークナイト」のプレミア試写会直前に起こった口論が原因で、母と姉と絶縁状態に陥っていたクリスチャンだが、10年以上が経過した今、また話すようになったという。

クリスチャンがノミネートされた英国アカデミー賞の授賞式後、母はデイリー・ミラー紙に「私たちは話をしますよ。息子がロンドンにいるのは知っています」と答えた。

絶縁のきっかけとなったのは、クリスチャンの妻サンドラ・ブラジックについての口論の末、クリスチャンが母を突き飛ばしたと姉が責め立てたことにあり、母の訴えにより一度はクリスチャンが中傷の罪で逮捕されるに至っていたが、その後釈放されていた。

5年前には母が、家族全員がクリスチャンとの関係を修復することを願っていると明かしており、息子の作品はDVDやテレビで全て観ていると語っていた。

ナリナリドットコム

「絶縁」をもっと詳しく

「絶縁」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ