男性保育士論争に45才女性「触診が気にならないのと同じ」

2月13日(月)16時0分 NEWSポストセブン

議論を巻き起こしている「男性保育士の着替え手伝い問題」

写真を拡大

 男性保育士が働きやすい環境をつくるとして千葉市が4月から実施する『男性保育士活躍推進プラン』を巡り、激しい議論が起きている。きっかけは、5才の娘の父でもある同市の熊谷俊人市長(38才)が「娘の着替えを男性保育士にさせないでと親の声があった」などとツイッター上で明かしたことだった。


 議論を巻き起こしている男性保育士問題だが、賛否両論の意見があがっている。


「4才の娘を保育園に入れていますが、男の先生がいても気にならないですよ。男の医師に下着の上から体を触れられても気にならないっていうのと同じ」(福岡・45才・自営業)


「現在3才の娘を保育園に入れています。気にしすぎといわれるかもしれませんが、男の先生はやめてほしいです。世間には幼児趣味の男性もいるわけですから。私自身も出産時、男の医師は嫌だったので、女性の産婦人科医を探しましたし。もし年を取って介護してもらうのも男性だったら嫌だなと思います。でも長男を保育園に通わせているときは女の先生にお世話されることは何も感じなかったので、女性ならではの感情かもしれません」(和歌山・40才・パート)


「私には2才の娘がいますが、男性保育士が女児の着替えやおむつ替えができないことがハラスメントとは思わなくて、男性保育士の得意なことはたくさんあるので、そこは保護者の気持ちを優先して、着替え&おむつは女性保育士に任せればよいかと思います」(東京・30才・会社員)


「待機児童問題が深刻化しているなか、多くの保護者は、“保育士に感謝こそすれ、クレームなどとんでもない”という考えかと思っていましたが、そうではないんだな、と今回の論争を見て思いました」(東京・40才・自営業)


※女性セブン2017年2月23日号

NEWSポストセブン

「保育士」をもっと詳しく

「保育士」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ