LiLiCo、清水富美加の電撃引退に「ちょっと“天狗”って感じが…」

2月13日(月)16時0分 Techinsight

「面白い子だな」好感を持っていたLiLiCoだが…

写真を拡大

2月13日の情報番組は各局、清水富美加の女優引退・出家宣言についてトップ扱いで報じている。清水は女優だがバラエティ番組でも活躍しており、彼女と共演経験のあるタレントや芸人も多い。LiLiCoは「面白い子だ」と清水のバラエティでの活躍にも期待していたが、今回の騒動で「(彼女は)“天狗”になっていたのかな」との感想を述べている。

どの情報番組のコメンテーターも清水富美加が宗教法人「幸福の科学」の活動に専念するため、出家することには理解を示していた。ただ撮影中の映画や公開を控える映画があるなど、仕事を残しての“電撃引退”には批判が出ている。

『ノンストップ!』月曜レギュラーのLiLiCoは、バラエティ番組での清水の様子に「面白い子だな」「言っていることが上手いな」と毎回感心していたという。以前に彼女と廊下であった時に「いいとこ来てるから、頑張ってね」「天狗になるなよ〜」と笑いながらアドバイスすると、清水から「私なんて天狗になれませ〜ん」と明るい答えが返ってきたそうだ。その横でマネージャーが「これからもよろしくお願いします」と頭を下げていたことをよく覚えているという。このように彼女には好感を持っていたのだが今回、所属事務所が清水と連絡が取れない状態が続いていたり、仕事を残して突然引退するという事態に「なんか、ちょっと“天狗”って感じが…」と、LiLiCoから清水を擁護する言葉は出なかった。

また18歳の時に単身でスウェーデンから来日し、20年以上芸能界に身を置く者として「追い詰められたり、どうしたら良いか分からなくなる時は、誰にでもあります」と厳しいコメントも。下積みが長かったLiLiCoは、今回の騒動でもしお蔵入りになる映画が出てしまったら、その作品でやっとチャンスを掴んだ新人が気の毒だと思っているようでもあった。
(TechinsightJapan編集部 みやび)

Techinsight

この記事が気に入ったらいいね!しよう

清水富美加をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ