芸能人麻雀の“運量”が半端ない 阿部亮平がリーチ・ツモ・ドラ9の三倍満などで一時11万点オーバー

2月14日(金)17時23分 AbemaTIMES

 一般の人々に比べて運がいいと言われがちな芸能人だが、それが4人集うと、簡単にとんでもないことが起きるようだ。2月12日に放送されたAbemaTVの麻雀番組「オールスターリーグ2020 Spring」で、俳優・阿部亮平が親番でリーチ・ツモ・ドラ9の三倍満の3万6000点を獲得するなどし、一時は持ち点が11万点を超える特大トップを取った。同番組ではお笑いコンビ・トータルテンボスの大村朋宏もリーチ・ドラ10の三倍満をアガって見せたが、これに勝るとも劣らない爆勝を成し遂げた。

▶映像:また出た三倍満!これが芸能人の強運だ

 阿部は、同じく俳優の早乙女じょうじ、お笑いコンビ・アルコ&ピースの酒井健太、グラビアアイドルの日野麻衣の3人とともに対戦。1日で半荘4回戦を戦う番組で、初戦から和気藹々といった雰囲気で試合を進めていた。ところが、麻雀番組でもめったに見ない大トップが生まれたのは第2試合。東3局の親番を迎えた阿部は、アガリには程遠い配牌からリーチ・一発・ツモ・赤・ドラの満貫(1万2000点)で勢いづくと、続いて發・白・三暗刻・ドラ3の跳満(1万8000点+300点)を日野から直撃。さらに2本場もリーチ・ツモ・赤・ドラ3の1万8000点(+600点)と、やりたい放題になった。

 3本場でも満貫をアガって、既に点数も8万点近くまで膨れ上がった4本場。阿部の手元にドラの九万が4枚全て訪れると、これを暗カン。すると新ドラの表示牌も八万で、一気にドラ8の手に膨張した。満を持してリーチを打つと、難なくツモってリーチ・ツモ・ドラ8・裏の11飜で三倍満、3万6000点(+1200点)に。ついに点棒は11万7000点にまで到達した。

 最終的にはやや減らして試合を終えたものの、手元には10万8400点が残る大トップ。全員が2万5000点持ちからスタートするルールだけに、数字の上では全員分の点をかっさらったと同等の大勝となった。

 これにはAbemaTVの視聴者からも、驚きの声ばかりが寄せられ、阿部本人も短く「やりました!」と、喜びを噛み締めていた。

▶映像:また出た三倍満!今度は10万点超の大トップも これが芸能人の運量だ

▶映像:スピワゴ小沢、エロすぎるグラドルに「盲牌していいですか?」

AbemaTIMES

「芸能人」をもっと詳しく

「芸能人」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ