BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

【アニメ漫画キャラの魅力】人間の可能性を信じ続ける少年「バナージ・リンクス」の魅力とは!?『機動戦士ガンダムUC』

キャラペディア2月14日(火)9時14分
画像:(C)CHARAPEDIA
写真を拡大
(C)CHARAPEDIA
 「バナージ・リンクス」は『機動戦士ガンダムUC』の主人公で、ユニコーンガンダムのパイロットです。宇宙世紀と呼ばれる最初の『機動戦士ガンダム』から続く世界で、バナ—ジは自分の出生と偶然が重なり、ラプラスの箱と呼ばれる世界の力関係を左右しかねない隠された秘密に関わってしまいます。大人たちの考えが交錯する中、バナージは翻弄されながらも成長していき、自分なりに世界と向き合うようになります。


⇒バナージ・リンクスとは?(機動戦士ガンダムUC)
http://www.charapedia.jp/character/info/7114/


【※一部、ネタバレの内容を含む可能性が御座います。ご注意下さい。】


■平凡な学生が、ジオンを背負う少女を助ける

 バナージは工業コロニーのインダストリアル7で専門学校に通いながら、スペースデブリ撤去のアルバイトをして暮らす16歳の少年です。父親を知らず、幼い頃の記憶がないバナージは、自分が平凡な日常を過ごしていることに違和感を感じながら生活をしていました。そんなある日、戦争を止めようとする「オードリー・バーン」こと、ジオンの姫「ミネバ・ザビ」を助けたことで、日々感じていた違和感が消えていくのを感じ、平和のために動く彼女を助けようと決意します。

 初めて出会った彼女に「俺は君を助けたい!」と言ってしまうほど、バナージはまっすぐな少年です。そんな性格だからこそ、戦争をする大人たちの理性的な考えに納得できず、苦悩することになるのです。しかし、世界の残酷さ、人間の負の部分を知ってもなお、バナージは人間の可能性を信じて、自分の信念を貫くことを選びます。そんな彼の思いは、物語の大人たちだけでなく、視聴者の心も大きく動かすことでしょう。

■父から託されたガンダムと信念

 しかし、オードリーの思いは通じず、コロニー内では戦争が始まってしまいます。バナージの父親であり、戦争の原因となったラプラスの箱を持っている「カーディアス・ビスト」は、オードリーを助けたいと言うバナージを信頼し、箱のカギとなるユニコーンガンダムを託します。瀕死のカーディアスはバナージをガンダムに乗せると力尽き、炎の海に沈んでいきます。バナージは別れの瞬間に過去を思い出し、目の前の男が自分の父親だったと知るのです。息子を争いに巻き込ませないために遠ざけた両親の想いを知りながらも、オードリーのためガンダムで戦場に出ます。

 家族と再会しても別れを告げる間もなく離れることになってしまったというのに、復讐は虚しいことだと理解し、その気持ちを訴え続けるバナージは強い心を持っていると思います。彼が周りに流されず、自分の信念を曲げない理由は、父親から「為すべきと思ったことを、為せ」をいう最期の言葉を受け取っているからなのでしょう。

■人が死ぬなんて冗談じゃない!優しい心の持ち主

 バナージの乗るユニコーンガンダムは、ラプラスの箱の中身を知る唯一の手掛かりです。そのため、箱を手に入れようとする連邦とネオ・ジオンの双方から狙われてしまいます。しかし、ユニコーンガンダムは襲ってきた敵を簡単にあしらえるほどの力を秘めています。そのガンダムに乗っているにも関わらず、バナージは敵のパイロットが死なないように戦うのです。そんな優しいバナージですが、戦争はそこまで都合の良いものではありません。「フル・フロンタル」に連邦の「ダグザ・マックール」を目の前で殺された瞬間は怒りに囚われてしまい、ネオ・ジオンで過ごした際にお世話になった「ギルボア・サント」を戦場で殺してしまいます。その後地球では、家族の復讐のために戦うジオン残党軍の「ロニ・ガーベイ」を殺さずに救うため必死に説得しますが、その努力も虚しく彼女は戦死してしまうのです。

 相手のことを考えながら戦うという、優しすぎるともいえるバナージですが、戦いの真っ只中でさえこの気持ちを保てることはバナージの魅力の1つです。殺したくない人を死なせてしまい、人が死んでしまうことの悲しさを再確認したバナージは、後にラプラスの箱を平和のために使うことを決意します。

■皆が幸せな世界を求めるニュータイプ

 バナージは、戦場で志を持って戦う人たちと触れ合い、人間的に成長していきます。暴走状態に近かったユニコーンガンダムも乗りこなし、次第にニュータイプとしての才能を開花させます。そして、彼のまっすぐな思いが人々を動かし、ラプラスの箱が開かれ、長きにわたる連邦とネオ・ジオンの戦争は終結を迎えるのです。

「自分が死ぬのも人が死ぬのも冗談じゃないって思うから、やれることをやっているんでしょう!?」

ガンダムという兵器に乗りながらも、決して人殺しを肯定せず、みんなが幸せに暮らせる世界を求めるその姿は、宇宙世紀を締めくくるこの作品の主人公にふさわしいでしょう。


【原稿作成時期の都合により、内容や表現が古い場合も御座いますがご了承下さい】


★記者:はら(キャラペディア公式ライター【バンタンゲームアカデミー ゲームライター専攻】)
(C)EggMode.inc

はてなブックマークに保存

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「魅力」「ガンダム」「機動戦士ガンダム」「機動戦士ガンダムUC」の関連トピックス

関連ワード
魅力のまとめ写真 ガンダムのまとめ写真 機動戦士ガンダムのまとめ写真 機動戦士ガンダムUCのまとめ写真

「魅力」をもっと詳しく

注目ニュース
上原多香子の“衝撃スキャンダル”で「想定外の収入」を得た人たちとは アサ芸プラス8月21日(月)17時59分
夫の遺族が公開した遺書により、芸能活動継続の危機に瀕している元SPEEDの上原多香子。[ 記事全文 ]
続々出演取り止め!宮迫博之に残された道は「自宅謹慎」 まいじつ8月21日(月)19時1分
(C)まいじつ『週刊文春』誌上でふたりの女性との不倫疑惑が報じられ、出演していた保険会社のCMがホームページから削除された上に「違約金10…[ 記事全文 ]
松田るか、スペインサッカーの女王目指す「どんどん楽しさを伝えていきたい」 オリコン8月21日(月)17時0分
現在、放送中の『仮面ライダーエグゼイド』(テレビ朝日)でヒロインの仮野明日那/ポッピーピポパポ役で出演する女優・松田るかがサッカー・スペイ…[ 記事全文 ]
読売1面〈首相「3選望まず」6割今の総裁任期まで〉の衝撃 NEWSポストセブン8月21日(月)7時0分
2018年9月の自民党総裁選で3選を果たし、2020年に自らの政権下で新憲法施行を果たすことは、安倍晋三首相の宿願だった。[ 記事全文 ]
仙台育英、大阪桐蔭戦での「蹴り疑惑」 日本文理戦でもとネットで騒動拡大 J-CASTニュース8月21日(月)19時6分
夏の甲子園(全国高校野球選手権)3回戦で仙台育英の選手が一塁を駆け抜けた際、「大阪桐蔭の一塁手の足を蹴ったのではないか」と物議を醸した場面…[ 記事全文 ]

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア