『大竹まこと ゴールデンラジオ!』に「横浜銀蝿40th」メンバーが揃って初の生出演

2月14日(金)21時20分 ジェイタメ




文化放送『大竹まことゴールデンラジオ!』(月—金曜午後1時00分〜3時30分)の14日の放送に、結成40周年を迎え、2020年限定で復活した「横浜銀蝿40th」が生出演した。37年ぶりに復活し、4人揃ってメディアに生出演するのは初めて。


一世を風靡した当時と変わらぬ迫力でスタジオ入りした4人のメンバーに、番組パーソナリティの大竹まことは、「あれから約40年。帽子をかぶってる方が一人いらっしゃるけど、もう40年だからね。当時全員リーゼントだからね。多少衰えがあるんじゃないかなと思って見回してるんだけど、衰えてませんね!髪の毛は!」と第一声。これに対してボーカルの翔は「ありがとうございます(笑)そんなこともないですけどね、以前はすごい前に髪が出てたんですけど、今は5センチくらいです(笑)」、「横浜銀蠅っていうのは、リーゼントサングラス革ジャンがお決まりのスタイルで、デビューして解散するまでの3年3ヶ月ずっと同じ格好してたんです。ですから、嵐さんはデビュー当時から帽子をかぶってたんで髪が後退してもわからない。一番ラッキーな(笑)」と冒頭からジョークで笑わせた。



横浜銀蝿は3人で活動を続けていたが、今回ギター担当で、現在ベルウッド・レコード代表取締役社長を務めるJohnnyが37年ぶりに参加し「横浜銀蝿40th」としての活動を開始した。本日の生放送も、翔、嵐、TAKUが革ジャン姿なのに対し、Johnnyが一人、ジャケットで登場。大竹まことが指摘すると「ちょっと午前中会議があったんで。歌って踊れる代表取締役なもんで(笑)」とビジネスマンの顔を垣間見せた。


番組金曜パートナーの室井佑月は、当時から横浜銀蝿のファンで、本日の放送にも“横浜銀蝿ファッション”で登場。「どうして1年限定なんですか?」と迫ると、「(Johnnyが)代表取締役なんで!そんなにやってると会社潰れちゃう(笑)」と翔。その後も、「去年の年末に、横浜銀蝿40thのファンクラブの集いをやったんです。そこで初めて久しぶりに帰ってきたJohnnyをファンの子が見にきたんです。もう10分間あったら8分間Johnnyを見てますからね。目がみんなJohnnyの方を向いてました。腹立ちますねー(笑)」(翔)、「(昔Johnnyの1回の投げキスにファンが大興奮したという話から)やっぱり横浜銀蝿の武器はJohnnyのギターと投げキッス。61の男の投げキッス、誰が食らいたいかって話があるんですが」などと久々に復活したJohnnyの話題が尽きなかった。



最後に「横浜銀蝿40th」としての活動を聞かれた4人は、「Johnnyと一緒にできるとは思ってなかったから、この2020年にそれができたことが嬉しい」(翔)、「他からどう思われるかより我々が楽しんでいるかどうかがポイント」(TAKU)、「このメンバーだと悪巧みできそうだなって思います」(嵐)、「全開、飛ばしますよ!バリバリに!」(Johnny)と熱い思いを語ってくれた。


※放送の模様 http://radiko.jp/share/?sid=QRR&t=20200214142448

※オンエア日〜7日間聴取可能



『大竹まこと ゴールデンラジオ!』

◆放送時間:毎週月曜〜金曜午後1時00分〜3時30分 生放送

◆パーソナリティ:大竹まこと

◆金曜パートナー:室井佑月



ジェイタメ

「大竹まこと」をもっと詳しく

「大竹まこと」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ