BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

上白石萌音、池田エライザの“美ボディ”に興味津々!「苦じゃない」スタイルキープの秘密は?<モデルプレスインタビュー後編>

モデルプレス2月14日(火)22時0分
画像:上白石萌音、池田エライザ(C)モデルプレス
写真を拡大
上白石萌音、池田エライザ(C)モデルプレス
【上白石萌音・池田エライザ/モデルプレス=2月14日】女優の上白石萌音(19)とモデルで女優の池田エライザ(20)が、モデルプレスのインタビューに応じた。2人は、連続ドラマ「ホクサイと飯さえあれば」(TBS・毎週火曜 深夜1時28分〜/MBS・毎週日曜 深夜0時50分〜)で共演。上白石にとって連続ドラマ初主演となる今作は、同名コミックを実写化。如何に安く、美味しいものを、幸せを感じながら料理するかという創意工夫の自炊ライフを追求した、アイディア満載のD.I.Y.レシピ飯ドラマになっている。


今回は、インタビュー後編をお届け。

◆ドラマ版「ホクサイと飯さえあれば」

驚異的な大ヒットを記録している映画「君の名は。」のヒロイン・宮水三葉役で一躍知名度を上げた上白石が演じるのは、人見知りと妄想が激しく“三度の飯より飯が好き”な主人公・山田文子(通称:ブン)役。

一方、「CanCam」の専属モデルで“自撮りのカリスマ”として10代を中心に人気の池田は、ブンと同じ大学に通い、美味しいゴハンに目がなく、コミュ力が高い女子大生の有川絢子(通称:ジュン)役。2017年、さらなるブレイクが期待される女優2人の共演が実現した。

監督はドラマ「孤独のグルメ」「女くどき飯」シリーズ「こえ恋」「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」などで高い評価を得ている宝来忠昭氏、第8回田辺・弁慶映画祭で弁慶グランプリを受賞した「ひとまずすすめ」の演出を手掛けた柴田啓佑氏。脚本は映画「アニバーサリー」やドラマ「魔法☆男子チェリーズ」の土城温美氏、ドラマ「女くどき飯」シリーズや「監獄学園-プリズンスクール-」の北川亜矢子氏が担当する。

◆「終わるまでの我慢」撮影で辛かったことは?

— 美味しそうなご飯が次々出てきますが、「食べるシーン」が一切ないという点も同作の特徴のひとつ。実際の現場ではいかがでしたか?

上白石:撮影が終わったあとに、食べています。シーンとしては食べることが出来ないので、終わるまでの我慢。結構辛かったです(笑)。

池田:「出来上がり!いっただきまーす!」「はい、カットー!もう1回引きから撮ります」「はい、後ほど〜」って(笑)。

— それは辛い(笑)。

池田:色々頑張って耐えて、大切な人たちと食べられるご飯って本当に美味しかったです。周りの人にも食べて欲しくなる美味しさ!食べられた瞬間っていうのは、とにかく幸せでした。

上白石:待たされていた分、幸せ増幅って感じでした。

— ドラマを観ていると、日々の食事について考えさせられますよね。

池田:1話観た人は、とりあえず次の朝の朝ごはん作ると思います(笑)。

上白石:ブンは、お金や時間が限られていても、ご飯への愛情が豊かだから、すごく素敵な食生活を送ってるなって思いました。私もそうありたいです。

◆“エライザボディ”の秘密は?上白石萌音も興味津々

— この作品に入る前後では、意識が変わりましたか?

池田:忙しくなってくると、どうしてもお弁当も続きますし、元々ひとり飯が好きだったんですけど、この作品で、食が体を作るように、食が人の関係を作るんだなって思うようになってからは、人と食べる時間を大切にするようになりました。誘って待ってるくらいなら、1人で食べようとか、待っている間に少し食べちゃうとか、前はとにかく食べたいって気持ちが最優先で…(笑)。でも、撮影を通して、「美味しい」って感情をシェアすることの魅力に気付かされたので、誰かを誘うことが煩わしくなくなりました。

— 食べているけど、スレンダーな秘密は?

上白石:私も知りたい!

池田:筋肉質だし、食べた分は太ります。でも、大切な仕事の前は野菜をたくさん摂って気をつけようとか、ひとつ乗り切ったからご褒美飯をとか、バランス良く食べているのかもしれません。あとは、体と相談することも多いです。ここにニキビが出来たのはなんでだろう?カサついているのは?お腹出ているのは?って。すっぽんぽんになって、鏡の前で体型見て、どこが太ったか確認する。それによって食事を変えるだけなので、結局苦じゃないんです。

— 減らすのではなく、変えていく。

池田:食べているのは食べているんです。種類を変えるだけ。野菜がいっぱい食べたいから、今日はタイ料理にしよう、とか国を変えることも多いです。それだと飽きないんですよ。

上白石:ご飯で、世界旅行だ!

池田:そうそう!ご褒美飯が食べたいときは、スペインのパエリアとか、お肉ドーンとか、ワインをおしゃれに飲んでみるとか。

上白石:すごいですね。勉強になります!

— “エライザボディ”はそうやって作るんですね。

池田:日本人の標準的な体型と比べて骨格もしっかりしているので、それに伴ってつくところはついているんです。健康的にキープしたいなと思っています。あとは、着痩せする服を選びます(笑)。

◆ファッションも見所に

— ファッションと言えば、ブンちゃんとジュンちゃんのドラマ衣装も個性が出ていて可愛らしい!

池田:そうなんですよ。ブンちゃんとジュンちゃんの心境が洋服にも表れているので、そこも見てもらいたいポイントです。ジュンちゃんは、ちょっとときめていると脚が出ていたり、可愛いニットになってたり。

上白石:ピンクを着ていたりね。すっごく可愛いんです!髪の毛も、毎回相談していたよね。

池田:髪の毛をアップするとか、チークを濃くするとか。みんな、今日はこういう日だって決めてお家から出てくるわけだから、ジュンちゃんも同じように決めたいなって思って、相談させていただきました。ブンちゃんの衣装も可愛いよね。

上白石:違うタイプだよね。ダボッとしていて、楽で動きやすくて、食べやすさ重視。メイクはほとんどしてなくてほぼすっぴんで、髪もあまり凝ったことはしてないので、ファッションで個性を出しています。

— ほぼすっぴんであの透明感…すごいです。

池田:内側から出ているものなんだと思います。

上白石:いやいや!

池田:生まれ持ったものですよね。萌音ちゃんの、素敵さとか明るさとかが出ているんだと思います。

◆活躍の2016年—2017年はどんな年に?

— 今年、さらなる活躍ぶりが期待されるお2人ですが、2016年を振り返りつつ、2017年の目標をお願いします。

池田:2016年は、あまり表に出ず、ひたすら作品を撮り続けて、2017年に向けて頑張っていく時期だなと思って過ごしていました。今年はそれは出すときかなと思っていたんですけど、ありがたいことに色々な作品に巡り合う機会があって、地道に頑張っていく年になりそうだなと感じています。表と裏のバランスを大事にしつつ、焦らなきゃいけない時期に入ったなとも思っているので、丁寧に丁寧に見えているものを大切にしたいなと思います。

— 焦らなきゃいけない時期というのは?

池田:多くのことが求められてくると、アウトプットだけが増えちゃって、インプットが足りなくなっちゃうなと思うんです。そうなってくると盲目になるし、どんなに忙しいときでも、自分の置かれている環境の中で、出来ることを大切にしたいなと。

— ありがとうございます。上白石さんはいかがですか?

上白石:私は逆に、去年は色々な映画が公開されて、それがすごく広い範囲の人まで届いていくという、今までにない刺激と、たくさんの言葉をいただいた年で、そういう意味では本当に多くのことを吸収した1年だったと思っています。また、今年は新たな作品で、新たな挑戦をすることになるので、去年教えてもらったことがどこまで身についているか、顕著に分かる年だなと。吸収したことをどこまで出せるか、受け取った感情をどう使うか、それが楽しみな年でもあるので、新しい何かが私の中にあることを期待して、撮影に臨んでいきたいなと思います。

◆“夢を叶える秘訣”を語る

— では、最後になりますがそれぞれの“夢を叶える秘訣”を教えてください。

池田:先ほど話したインプットして、アウトプットしてっていう言葉にも繋がってくるんですけど、吸収するだけだと、自分の考えが弱くなってきてしまうので、まずはインプットしたものを愛せるかっていうことが大事だと思います。自分が何に興味があるのか整理して、無理に個性を作ろうとはせず、残ったものを大切にしてほしいです。そこで残ったものをアウトプットしていけばいいし、本当に好きなものなら自信を持って出していけると思うし。夢のためには、色んなものを見て、取捨選択することも必要だと思います。

上白石:好きなことを好きでい続けることが、夢に繋がっているんじゃないかなって思います。例えばサッカーが好きとか、ファッションが好きとか、それが夢に直結してもしなくても、頑張ったことは絶対自分を支えてくれる糧になると実感しています。私にとって、それは歌です。好きなことは邪魔にならないと思いますし、私は歌がなければ生きていけないので、ずっと続けていきたいなと思います。

— ありがとうございました。

(modelpress編集部)

■上白石萌音(かみしらいし・もね)プロフィール

1998年1月27日生まれ。鹿児島県出身。2011年に第7回「東宝シンデレラ」オーディションで審査員特別賞受賞し芸能界入り。2014年、映画「舞妓はレディ」で初主演、日本インターネット映画大賞・ニューフェイスブレイク賞、日本映画ベストインパクト賞、全国映連賞・女優賞、第38回日本アカデミー賞・新人俳優賞など各賞を受賞。2016年、映画「ちはやふる -上の句/下の句-」「溺れるナイフ」に出演し注目を集め、驚異的な大ヒットを記録している映画「君の名は。」でヒロイン・宮水三葉役とつとめた。同年10月にはカバーミニアルバム『chouchou』で歌手としてメジャーデビューも果たすなど活躍。

■池田エライザ(いけだ・えらいざ)プロフィール

1996年4月16日生まれ。福岡県出身。2009年に数々の女優・トップモデルを輩出してきたニコラモデル・オーディションで1万4000人の中からグランプリを受賞、同誌の専属モデルとしてキャリアをスタートさせる。2013年5月号を持って同誌を卒業、同年6月より「CanCam」の専属モデルに。“自撮りのカリスマ”としても知られる。

女優としては2015年、映画「みんな!エスパーだよ!」でヒロインに抜擢され、同年TBSドラマ「JKは雪女」に出演。映画「オオカミ少女と黒王子」、フジテレビドラマ「SHIBUYA零丁目」などで存在感を発揮しており、2017年はドラマ「ホクサイと飯さえあれば」 (MBS、TBS現在放送中)や、映画「ReLIFE」(4月15日)、「トリガール!」(9月)など。

■第4話あらすじ「恋のかぼちゃクリームドリア」

授業中に居眠りをしたペナルティで、教授から課題を言い渡されたブンは、デッサンのモチーフとして、かぼちゃや玉ねぎを大量に持ち帰ることに。さらには、バレンタインの友チョコ代わりにお菓子を作って欲しいと、ジュンから落花生を押し付けられる。

さっそく料理に取り掛かるブンだったが、2つの料理を同時進行で作ったせいで、大失敗をしてしまう。それでも、ホクサイと凪が見守る中、なんとかリカバリーしようと奮闘するが、そこへジュンの代わりにお菓子を取りに来たという、「幼馴染のろーちゃん」なる男子が現れ、人見知りなブンはさらなるパニックに——!
Copyright 2017 モデルプレス All Rights Reserved.

はてなブックマークに保存

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

イチオシ情報

話題の投稿画像

恋愛&結婚

「モデル」「池田エライザ」「インタビュー」「女優」の関連トピックス

「上白石萌音、池田エライザの“美ボディ”に興味津々!「苦じゃない」スタイルキープの秘密は?<モデルプレスインタビュー後編>」の関連ニュース

注目ニュース
新垣結衣 すでに疲労困憊気味も清水富美加の“穴埋め”で夏以降は不眠不休に! アサ芸プラス3月25日(土)9時57分
「ゆーるりん」。白いハイネックTシャツの上にふわっとした茶色のキャミソールを羽織った新垣結衣(28)がスキップで登場する。[ 記事全文 ]
マギー、お腹チラ見せ 圧巻オーラで魅了<TGC2017 S/S> モデルプレス3月26日(日)1時32分
【マギー/モデルプレス=3月25日】モデルのマギーが25日、国立代々木競技場第一体育館で開催されたファッションフェスタ「第24回東京ガール…[ 記事全文 ]
ももクロ有安が日芸卒業 学部長特別表彰&奨励賞をW受賞 スポーツニッポン3月26日(日)7時8分
女性5人組アイドル「ももいろクローバーZ」の有安杏果(22)が25日、日本大学芸術学部写真学科を卒業し、取材会を行った。[ 記事全文 ]
いま一番かわいそうな女優・西内まりやの今後 messy3月25日(土)1時5分
20日に最終回を迎えた月9ドラマ『突然ですが、明日結婚します』(フジテレビ系)で主演を務めた女優・西内まりや(23)。[ 記事全文 ]
千秋、夫に「薬塗るのも嫌」 藤本美貴は「座薬でもOK」 Techinsight3月25日(土)21時5分
スキンシップが苦手—という声は、男女関係なくネット上でもよく見受けられる。“恋愛や友人関係をより親密にするうえで欠かせない行動”と言われて…[ 記事全文 ]

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア