関智一、船越英一郎のアフレコを絶賛「ちびりますよ」 南部博士役で声優挑戦

2月15日(木)21時5分 クランクイン!

『劇場版Infini‐T Force/ガッチャマン さらば友よ』完成披露上映会にて クランクイン!

写真を拡大

 タツノコプロ創立55周年を記念した劇場版アニメ『劇場版Infini‐T Force/ガッチャマン さらば友よ』の完成披露上映会が15日、都内で行われ、俳優の船越英一郎鈴木一真、声優の関智一、茅野愛衣が登壇した。 幼少期にタツノコプロ作品に多く触れ「一緒に育ってきた」という船越は、同作で科学忍者隊ガッチャマンの生みの親である・南部博士の声を担当している。

 見どころについて船越は「ガッチャマンのお父さんみたいな存在なのに、今回はそれぞれが信じる正義が変わってしまう。南部博士とガッチャマンたちが対峙していく構造になるわけです」と紹介。関が「ネタバレギリギリですが、今回は南部博士のあんな姿も見えちゃう」と言うと、船越も「皆さん、びっくりしますよ。ヒントは“わたくし、夢が叶いました”。以上です」と意味深な発言で沸かせた。

 船越のアフレコについて、ガッチャマン/鷲尾健役の関は「船越英一郎さんは別の作品でご一緒したこともあるのですが、まぁ素敵ですよ。まぁちびりますよ!」とべた褒め。褒め言葉に船越も笑顔を浮かべ「本当にありがとう、本当に健も素晴らしい」と互いを称え合った。

 「もしヒーローが力を貸してくれるなら?」という話題では「よく朝寝坊して現場に行くのがギリギリになる。そういうときに助けてほしい」と関。船越は「関くんは本当に我欲の塊ですね〜」と呆れつつ、自身は「もしヒーローがいてくれるなら、今ここで舞台挨拶を一緒にしてほしい。日本中湧き上がりますよ」とお願いした。

 また女子高生の界堂笑を演じた茅野は「(劇中で)笑はヒーローと同居しているので、私も同居したい。あんなにかっこいいとドキドキしちゃいそう」とうっとり。すると関が「ちなみに、今同居されてる方はいらっしゃるんですか?」と一歩踏み込んだ質問をすると、茅野は「母と(同居している)…」と回答。やり取りを見ていた船越は「冷や汗が…」とタジタジだった。

 創立55年を記念した映像プロジェクト『Infini‐T Force』。『ガッチャマン』『テッカマン』『ポリマー』『キャシャーン』の4大ヒーローの活躍を描くテレビアニメが2017年10月から12月に放送された。今回の劇場版は、テレビアニメの続編。追加キャラクターとして「南部博士」「コンドルのジョー」が登場し、新たな闘いを繰り広げる。

 『劇場版Infini‐T Force/ガッチャマン さらば友よ』は2月24日より公開。

クランクイン!

「船越英一郎」をもっと詳しく

「船越英一郎」のニュース

BIGLOBE
トップへ