モーニング娘。次期リーダーは誰だ 「立候補」した道重さゆみなのか

2月15日(水)15時6分 J-CASTニュース

道重さんは次期リーダーになれるのか(2010年8月25日撮影)

写真を拡大

   人気アイドルグループ「モーニング娘。」の次期リーダーをめぐる動きが活発化している。5期生で現リーダー(7代目)の新垣里沙さん(23)は2012年春に「卒業」予定で、2人いる6期生が後を継ぐのは確実視されている。



   そのうちのひとり、道重さゆみさん(22)がリーダー就任への意欲を自ら口にしたのだ。ファンの間では、「年齢からすれば道重さんが順当」「後輩を叱ることができず、リーダーに向いているか疑問」などと、すでに様々な下馬評が飛び交っている。


リーダー立候補はテレビの「ワンカット狙い」

   モーニング娘。のリーダーをめぐっては、11年9月に6代目リーダーの高橋愛さん(25)が卒業したばかり。当時サブリーダーを務めていた新垣さんが順当に7代目リーダーに昇格したが、現時点ではサブリーダーのポストは空白のまま。5期生の新垣さんに次ぐ最古参メンバーは、6期生の道重さゆみさん(22)と田中れいなさん(22)で、2人のうちのどちらかが、近く次期8代目のリーダーに指名されるとみられている。


   そんな中、道重さんが12年2月14日に行われたバレンタインイベントで今年の野望を聞かれ、


「リーダーになりたいです」

と、猛アピールしてみせたのだ。道重さんは、リーダーを目指すことについて、


「(舞台から観客に呼びかける)『みなさん、こんにちは〜!!』はリーダーが言えるので、そこはやっぱりワンカットでもらえる。そのワンカット狙いですね」

と、テレビへの露出増加を当て込んだ独自の意気込みを披露した。


   道重さんが「先制攻撃」を仕掛けた形だが、次期リーダーのあり方をめぐっては、ファンの間では様々な論争がある。例えば2人は同い年だが、道重さんが1989年7月13日生まれなのに対して、田中さんは11月11日生まれで4か月ほど若い。年功序列でメンバーがリーダーに昇格していったというモーニング娘。の先例からすると、道重さんが順当だということになる。


   ただし、道重さんは後輩メンバーを叱ることができない上、一部メンバーを「えこひいき」するという指摘もある。さらに、歌が不得手だとされ、リーダーとしての資質に疑問符をつける向きもある。


ヤフー投票では田中さん優勢

   一方の田中さんについては、ここ1年ほどで厳しく後輩を指導する機会も増え、ブログでも、


   「やる気はあるのか。どんな気持ちで何を考えながら稽古にのぞんでいるのか。とか……なんかたくさん話して たくさん怒った気がする」(11年10月18日)


と、その思いを吐露している。こうしたことから、「リーダーとしての自覚が芽生えたようだ」と受け止めるファンもいるようだ。


   ただし、仮に統率力を重視して田中さんがリーダーに就任した場合、道重さんが「すねる」可能性が高いとみられ、「ぶりっこキャラ」として知られる道重さん独特のキャラが損なわれる可能性もある。


   イベントでは、道重さんは、


「そこはすべて(プロデューサーの)つんくさん♂が決めるので、こびを売っておきます。チョコレート、いいやつあげます。今日」

と自己PRに余念がない。もっとも、ヤフーの「次期リーダーは誰がいい?」と題したアンケートでは、田中さんが1390票(46%)なのに対して、道重さんは968票(32%)と、やや劣勢だ。

J-CASTニュース

「立候補」をもっと詳しく

「立候補」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ