ドラマ『リピート』の世界観がゲームに - 難易度は「激ムズ」

2月15日(木)5時0分 マイナビニュース

女優の貫地谷しほり、俳優の本郷奏多、お笑いコンビ・ガレッジセールのゴリが主演を務める読売テレビ・日本テレビ系ドラマ『リピート〜運命を変える10か月〜』(毎週木曜23:59〜)では、公式ウェブサイトにドラマの世界観が体験できる恋愛ミニゲーム「激ムズ恋愛ゲーム!恋するリピーター」を公開した。

同作は乾くるみ氏の長編『リピート』を原作に、人生をやり直したいという願いを持つ男女8人が謎の男・風間(六角精児)の誘いに乗り、タイムスリップで10カ月前の過去に戻るが、運命の歯車を狂わされていくサスペンスミステリーだ。

14日のバレンタインデーに合わせて公開されたゲームは、プレイヤーが別れた恋人のことを忘れられない主人公となり、街で偶然出会った元恋人とヨリを戻し、再び恋愛を成就させることを目指すというもの。

デートなどさまざまなシチュエーションで分岐する行動を選択し、恋の駆け引きをしながら、ハッピーエンドを狙うが、難易度は「激ムズ」。ほとんどの場合、プレイヤーの恋は実らず、バッドエンドを迎えてしまう。さらには、ゲームの途中で「彼女(彼氏)が食べたい料理」をフリーワード入力で回答しなければいけないなど、理不尽な超難問もあるという。

また、ゲーム内には風間も登場し、劇中と同様に甘い言葉で「リピート」を誘う。このゲームをプレイすることで、ドラマで運命に翻弄(ほんろう)される登場人物の気分を味わえるかもしれない。

マイナビニュース

「ドラマ」をもっと詳しく

「ドラマ」のニュース

BIGLOBE
トップへ