ジャニーズWEST小瀧望、黒島結菜の“奥手すぎる”一面にツッコミ<プリンシパル〜恋する私はヒロインですか?〜>

2月15日(木)21時0分 モデルプレス

小瀧望、黒島結菜 (C)モデルプレス

写真を拡大

黒島結菜・小瀧望/モデルプレス=2月15日】女優の黒島結菜とジャニーズWESTの小瀧望が15日、都内にて行われた映画『プリンシパル〜恋する私はヒロインですか?〜』(3月3日公開)<全◆恋>応援イベント(◆=ハート)に篠原哲雄監督とともに登壇した。

◆ジャニーズWEST小瀧望、黒島結菜にツッコミ

イベントでは、事前に募集した“応援してほしい恋”の中から登壇者が応援したいと思った恋とその理由について語る場面も。黒島は、通学路で見かける相手に恋をしている相談者からの「きっかけがなくてただ見ていることしかできずにいます。いつかあの人と話してみたいです」というお悩みを紹介。

甘酸っぱいエピソードに、小瀧は「憧れのシチュエーションですよね」とにっこり。また、自身が同じ立場ならどうするかということに話しが及び、黒島が「相手が物を落とすまで待つ」と奥手すぎる一面を覗かせると、小瀧は「気づいたら5年位経つんちゃう?」とツッコミを入れ会場の笑いを誘っていた。

◆黒島結菜&小瀧望W主演『プリンシパル〜恋する私はヒロインですか?〜』

今作は、累計120万部(全7巻)を突破したいくえみ綾氏の人気コミック「プリンシパル」を実写映画化。“自分の居場所がなかなか見つからない”そんな不安を抱えるすべての人たちに送るビター&スイートな“切泣き”ラブストーリーとなっており、自分の居場所が見つからず素直になれない等身大の女子高生・住友糸真役の黒島と、ワイルドでぶっきら棒なモテ男子・舘林弦役の小瀧がW主演をつとめる。

印象に残っているシーンを聞かれ、弦が糸真を初詣に誘うシーンをあげた小瀧。「その一連は台詞が用意されてなくて、全部アドリブなんです」と明かし、MCから「好きなシーンでした」と絶賛されると、嬉しそうに「いいですよね!弦の優しさがちょっと見えて!」と笑顔を浮かべた。

このほか、応援のスペシャリスト・我武者羅應援團もかけつけ、黒島と小瀧、そして会場に向かって全力でエールを送る一幕もあった。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

モデルプレス

「黒島結菜」をもっと詳しく

「黒島結菜」のニュース

BIGLOBE
トップへ