長澤まさみ、2年前から変化した女優業への思い 栄誉に「次に進む糧にしたい」<第72回毎日映画コンクール>

2月15日(木)18時34分 モデルプレス

長澤まさみ (C)モデルプレス

写真を拡大

長澤まさみ/モデルプレス=2月15日】女優の長澤まさみが、毎年恒例の映画賞「第72回毎日映画コンクール」の俳優部門で女優主演賞を受賞し、15日に神奈川県川崎市内で行われた表彰式に出席した。

◆長澤まさみが女優主演賞

映画「散歩する侵略者」での受賞となった長澤は、シックなパンツスタイルで登壇。「名誉ある賞をいただき大変光栄です。まだまだ自分自身がこの賞にふさわしい器になれているとは到底思えていないので、この賞を次に進む糧にして日々精進したい」と意気込みを新たにした。

長澤は、2年前の「第70回毎日映画コンクール」にて映画「海街diary」で女優助演賞を受賞。当時との変化を聞かれると「昔より、もしかしたら自由に演じることと向き合えているのかなと思います。自分の中にあるものと似た役を演じられているように感じます」と語り、出演作が相次いでいる現状について「とてもありがたいこと。それに応えていけるように頑張りたいです」と笑顔を見せた。

◆毎日映画コンクール

「毎日映画コンクール」は1946年に創設された毎日新聞社やスポーツニッポン新聞社が主催する映画の賞。今回で72回目の開催とその歴史は長く、作品、俳優はもちろん、スタッフにも賞を贈り、「ドキュメンタリー」「アニメーション」の賞も設けているのが特徴だ。

ほか、表彰式には男優主演賞の菅田将暉、男優助演賞の役所広司、女優助演賞の田中麗奈、スポニチグランプリ新人賞の高杉真宙らが出席。日本映画大賞には「花筐/HANAGATAMI」が選出された。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

モデルプレス

「長澤まさみ」をもっと詳しく

「長澤まさみ」のニュース

BIGLOBE
トップへ