新田真剣佑“また改名”か!? 「超ハマり役」で心変わりの可能性...

2月15日(土)19時1分 まいじつ


(C)まいじつ



今夏公開される大人気実写映画『るろうに剣心』のシリーズ最終章に、俳優の新田真剣佑が〝最恐の敵〟雪代縁(ゆきしろえにし)として出演することが分かった。並々ならぬ監督の思いに応えることになった真剣佑だが、ある〝決意〟も胸に抱いているという。


【関連】まるでマイケル・ジャクソン!? 容姿が急変した“イケメン”たち…ほか


2012年に公開されて以降、これまでに全3作が制作され、いずれも高い満足度と興行収入を誇っている映画『るろうに剣心』。一部では、少年漫画の実写化史上、一番の成功作とも評されている。


そんなシリーズの最後の敵として登場するのが、雪代縁。佐藤健演じる主人公・緋村剣心に姉を殺された恨みを晴らすべく、〝人誅〟を下すために現れる。


真剣佑は今回のオファーに対して、「実は何年も前にオファーをいただいていて、そのときはとてもうれしかったです」「とてもハードでしたが、大友監督やアクション監督の谷垣さん、アクションチームに支えられながら、本当に何とか乗り越えられました。何日も撮影が続き身体も悲鳴を上げていましたが、すごく良い経験になりました」「剣心と縁が出会うシーンや、剣心との闘いを繰り広げるシーンを、身を削りながら撮影したので是非見てもらいたいです」などと、光栄な気持ちと作品の出来栄えへの自信をのぞかせている。


 


役に感銘して改名…ある意味役者バカ


一方、大友啓史監督は、真剣佑へのキャスティングについて、「初めて対面したとき、その真っすぐなまなざしの強さに引かれ、すぐに彼以外考えられないとプロデューサーに話したことを鮮烈に覚えています。縁という役に不可欠な、圧倒的な若さと凄味。そして、その底に潜む狂気のような純粋さと繊細さ。大きな可能性とスケール感を体現した存在として、彼は僕の目の前に現れました。そのときの直感に間違いはなかったことを、今ひしひしと感じています」と太鼓判。小岩井宏悦プロデューサーも、「このタイミングで新田真剣佑という俳優が存在していたことに何か運命的なものを感じます」とコメントしており、絶大な信頼を寄せていることが分かる。


「新田真剣佑はもともと、〝真剣佑〟という名前で活動していましたが、16年公開の実写映画『ちはやふる −上の句−/−下の句−』で演じた〝綿谷新〟という役に非常に感銘を受け、その名前をモジって〝新田〟という名前を付け足しました。おそらく今回の雪代縁役は、それを超えるレベルの感銘を真剣佑に与える出会い。これを機に、再び改名をして〝雪代真剣佑〟とする動きがあるようです」(芸能記者)


実際にネット上でも、《もう雪代真剣佑に改名した方が良いくらいカッコイイゼ》などといった声が上がっている。改名となればいろいろとややこしそうだが、そのくらいの気合いは持ち合わせていそうだ。


 


まいじつ

「真剣佑」をもっと詳しく

「真剣佑」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ