「クオリティー低くて笑った」 バナナマン日村、素材の味生かした”バケモノメイク”が匠の技

2月15日(木)22時51分 ねとらぼ

素材の味を生かしたお顔(バケスタグラムから)

写真を拡大

 お笑いコンビ「バナナマン」の日村勇紀さんが体を張ってさまざまなバラエティーを開拓していくAbemaTVの番組「日村がゆく」。同番組の公式Instagramが2月10日に開設され、日村さんによる「インスタ映えするバケモノメイク」が公開されました。日村さんの得意分野だ。
 同アカウントは、番組内の新コーナー開始に合わせて開設。「バケモノ」と「インスタグラム」を組み合わせた「バケスタグラム」という名称で、番組スタッフが考えたバケモノの名前をお題に、日村さんがインスタ映えするような化け物メイクに挑戦していきます。
 第1弾では、「記念すべき最初の投稿は渾身の変顔」のコメントとともに、手でこめかみのあたりを押さえて髪を真ん中分けにし、目を半端なく垂れ目にした持ちネタの「キモ キモ男」と思われる姿を公開。続く投稿では、顔を赤黒く塗り、セロハンテープで豚鼻を作り上げた「妖怪オオカミちょい豚男」を披露し、ファンから「死ぬほど笑った」「最高すぎます!!」「もうちょっと特殊メイク的なやつだと思ったらクオリティー低くて笑ったwww」といった喜びの声があがりました。力が入ってないのが逆に笑う。
 「日村がゆく」は、2017年4月26日に配信開始。2月14日に配信された第40回では、“雑学”をテーマに、“ローションまみれの状態だと、アキラ100%のネタはできない”という雑学を検証。ツルツルの床の上で、“花火”や“円盤投げ”といったネタを見事に成功させるアキラ100%さんでしたが、“三代目J Soul Brothers”を披露中に転倒。モザイクが使用されるといった事態になりました。生配信じゃなくてよかった。

ねとらぼ

「お笑いコンビ」をもっと詳しく

「お笑いコンビ」のニュース

BIGLOBE
トップへ