高良健吾、女性役城田優の毒舌に「気持ちよかった」

2月15日(木)21時29分 日刊スポーツ

WOWOW「連続ドラマW バイバイ、ブラックバード」完成披露舞台あいさつに出席した左から森義隆監督、高良健吾、城田優

写真を拡大


 俳優高良健吾(30)城田優(32)が15日、都内で、WOWOW「連続ドラマW バイバイ、ブラックバード」(土曜、午後10時)完成披露舞台あいさつに出席した。
 作家伊坂幸太郎氏の同名小説を連続ドラマ化したもので、同氏小説の連続ドラマ化は本作が初めて。高良は5人の女性と同時に恋愛関係にある主人公星野一彦、城田は男性プロレスラー並みの体形をもつ異色のヒロイン繭美を演じる。
 女性役でオファーを受けた城田は「えっ、女!?」と驚いたことを明かした。「俳優の直感でやりたいと思った。女装でなくて女性役ですから。これが最初で最後かもしれない」と笑った。繭美という唯一無二のキャラクターを演じるにあたり、自分の性格をそぎ落としたという。セリフにはない「あんたが東京湾に死体で浮いててもだれも気にしないわよ。生ゴミみたいな顔をしているから」と高良に撮影前にも毒舌を吐いていたというが、高良は「気持ちよかったですよ」と笑った。
 森義隆監督も出席し、「僕自身が伊坂さんのファンなので、伊坂さんを納得させるような映像にしたかった。伊坂さんが納得してくれれば、伊坂さんファンも納得してくれるから」といい、実際に伊坂氏が絶賛してくれたことを報告した。
 城田は「回ごとで色が違うし、物語が進むたびに人物像が深くなっていくのがこのドラマのおもしろいところだと思います」。高良は「どんどん加速していくので、想像とは違うドラマになると思います。自信があるのでぜひ見てください」と胸を張った。
 17日から全6話の放送で、第1話は無料放送される。

日刊スポーツ

「高良健吾」をもっと詳しく

「高良健吾」のニュース

BIGLOBE
トップへ