葵わかな「わろてんか」マーチン・ショウ21・6%

2月15日(木)10時5分 日刊スポーツ

落ち着いた着物姿で新春会見にゲスト出席した葵わかな

写真を拡大


 女優葵わかな(19)がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「わろてんか」(午前8時)の14日放送の第112話が21・6%(関東地区)だったことが15日、ビデオリサーチの調べで分かった。これまでの最高は第3話の22・3%。
 同ドラマは明治から昭和初期の大阪を舞台に、笑いをビジネスにしたヒロイン藤岡てんの活躍を描く。吉本興業創業者の吉本せいがモデル。葵は、3度目の挑戦となったオーディションで、応募2378人からヒロインに選出。12〜14年までアイドルユニット「乙女新党」のメンバーだった。
 あらすじは、隼也(成田凌)はアメリカで人気の「マーチン・ショウ」日本公演の興行権を買わないかとの電話を受ける。伊能(高橋一生)に難色を示された隼也は、無断で代理人に会いに行き興行権を買うために、てん(葵わかな)と風太(濱田岳)に相談するが断られてしまう。困った隼也は代理人の通訳をしていた、つばき(水上京香)を呼び出し意気投合するが、二人でいるところをリリコ(広瀬アリス)と四郎(松尾諭)に目撃されてしまう、という内容だった。

日刊スポーツ

「葵わかな」をもっと詳しく

「葵わかな」のニュース

BIGLOBE
トップへ