『おかあさんといっしょ』の世界が丸っと初映画化 お兄さんお姉さんも大冒険へ

2月15日(木)8時0分 オリコン

『おかあさんといっしょ』初の映画化。『映画 おかあさんといっしょ はじめての大冒険』9月7日全国公開決定

写真を拡大

 NHK・Eテレで放送されている子ども番組『おかあさんといっしょ』がテレビの枠を飛び越え、映画館でしか観ることのできないオリジナルのスペシャルプログラムとして映画化されることがわかった。タイトルは『映画 おかあさんといっしょ はじめての大冒険』。9月7日の全国公開に向けて、ゆういちろうお兄さん、あつこお姉さん、よしお兄さん、りさお姉さんからのコメント入り特報映像も解禁された。

 『おかあさんといっしょ』は2歳〜4歳児を対象にした教育的エンターテインメント番組として1959年に放送が開始され、もうすぐ60年になろうとする現在も続く“超”長寿番組。「アイアイ」「ブーフーウー」「にこにこ、ぷん」「だんご3兄弟」など、番組から数々のヒット曲や人気の人形劇も生まれ、日本中の子どもたちに時代を超えて親しまれてきた。自分が子どもの時、そして親になった時、さらに孫ができた時、『人生で3回出会う番組』と言われている。

 1990年に番組内の人形劇「にこにこ、ぷん」が劇場アニメ『海だ!船だ!にこにこ、ぷん』として公開されたことはあるが、お兄さんお姉さんによる歌や体操のパートと、アニメパートで構成される映画としては初の映画化となる。

 本作では、ゆういちろうお兄さんとあつこお姉さん、よしお兄さん、りさお姉さんが通常のテレビ放送とは異なり、スタジオを飛び出して、さまざまな場所へ冒険に出かける。お兄さんお姉さんと映画館の大きなスクリーンで巻き起こる冒険を一緒に体感し、歌って踊って、人気の体操「ブンバ・ボーン!」も。番組でおなじみの人形劇「ガラピコぷ〜」は、初のオリジナルアニメ化。チョロミー、ムームー、ガラピコは、いつもの「しずく星」を飛び出し、初めて訪れる星へ。スケールアップされた世界で、「ガラピコぷ〜」の大冒険も描かれる。

 高橋信一プロデューサー(日活)は「自分の子どもが『映画館で初めて観る映画は何になるのだろう?』と思った時、親子が楽しく観る映画を作りたいと思いました。映画館という空間だからこそできる体験を子どもたちに味わってほしい、その様子を親御さんに見守ってほしいと思っています」とコメント。全編にわたって子どもたちが楽しめるコーナーが盛りだくさんの体験型ファミリー映画は、人生で初めての映画体験となるファーストムービーにも最適な作品になりそうだ。

 ディレクター、プロデューサーとして約30年間、『おかあさんといっしょ』に携わっている古屋光昭氏(NHKエデュケーショナル こども幼児部 統括部長/プロデューサー)は、「番組収録やコンサート、イベントなど、さまざまな場面で『おかあさんといっしょ』の世界をたくさんのご家族が楽しんでくださり、本当に感謝の気持ちで一杯です。今度は映画館という新しいステージで、子どもたちの笑顔、そして元子どもたちの笑顔に出会えたらうれしいです」と映画化に期待を込めている。

オリコン

「おかあさんといっしょ」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「おかあさんといっしょ」のニュース

BIGLOBE
トップへ