松本穂香、食い逃げ犯を捕まえることに執念を燃やすバイトリーダー熱演

2月15日(木)7時0分 オリコン

第10回WOWOWシナリオ大賞受賞作『ドラマW 食い逃げキラー』(3月21日放送)出演者(左から)堀内敬子、浅香航大、青柳翔、松本穂香、森永悠希、竹中直人(C)WOWOW

写真を拡大

 俳優の青柳翔が主演する、第10回WOWOWシナリオ大賞受賞作『ドラマW 食い逃げキラー』(3月21日 後8:00)のオールキャストが発表された。食い逃げに悩まされる一軒のファミレスを舞台に、元スプリンターの“食い逃げキラー”と食い逃げ犯たちの攻防を描く本作。食い逃げ犯と“食い逃げキラー”が狭い路地を縦横無尽に駆け巡る、ダイナミックなアクションチェイスバトルを含む特報映像もWEB 先行公開された。

 青柳が演じるのは、貧しい生い立ちの中で、生きるために“食い逃げ”をし、またそれをきっかけに走る才能を開花させた異端のスプリンター、川谷省吾。ある事件をきっかけに陸上界から姿を消してしまうが、ひょんなことから食い逃げ犯を捕まえる“食い逃げキラー”として活躍し始める。

 省吾の俊足に目をつけ、“食い逃げキラー”としてスカウトするファミレスのバイトリーダー・高瀬千秋役を、連続テレビ小説『ひよっこ』(NHK)で“メガネっ娘”青天目澄子を演じて注目を集めた松本穂香が演じる。au の新CM シリーズ「意識高すぎ!高杉くん」のキャラクターにも起用された松本だが、食い逃げ犯を捕まえることに執念を燃やす店員、という変わった役どころをどう演じるのか、期待が高まる。

 省吾と五輪代表の座を争った仲でもある大学時代ライバル、吉田翔役には、連続テレビ小説『マッサン』(NHK)や『ひよっこ』のほか、映画にドラマに舞台にと活躍の場を広げる浅香航大。かつて陸上選手としてエリート教育を受けオリンピック代表候補となるが、彼もまたオリンピック予選の日を境に陸上界から姿を消し、転落人生を送る。省吾が“食い逃げキラー”として活躍していることを知り、再び省吾と対決するために省吾に勝負を仕掛ける。

 千秋に片思い中の浪人生ホールスタッフ・南二郎役に「ちはやふる」シリーズの森永悠希。天然キャラだが、シングルマザーで千秋の良き理解者であるアルバイト店員・後藤明子役に堀内敬子。かつて省吾が食い逃げを繰り返していた中華料理店の店主・通称“ジェイソン”役には竹中直人。ほかに、石井正則、マキタスポーツ、森下能幸、中村育二、高橋努が出演する。

 『WOWOWシナリオ大賞』は、プロ・アマ問わず優れたシナリオ作品を発掘し、脚本家の育成を通じて広く映像文化の発展に貢献することと、その映像化を目的に創設。2016 年に募集した「第10 回」は、応募総数455 編の中から舘澤史岳氏の『食い逃げキラー』が大賞を受賞した。

■特設サイト
http://www.wowow.co.jp/dramaw/kuinige/

オリコン

「食い逃げ」をもっと詳しく

「食い逃げ」のニュース

BIGLOBE
トップへ