ジャニーズWEST小瀧、恋の悩みに真剣回答 “分け目”気づいてもらえたらキュン?

2月15日(木)19時40分 オリコン

恋の悩みに真剣回答したジャニーズWEST・小瀧望 (C)ORICON NewS inc.

写真を拡大

 人気グループ・ジャニーズWESTの小瀧望と女優の黒島結菜がW主演映画『プリンシパル〜恋する私はヒロインですか?〜』(3月3日公開)全恋応援イベントに出席した。イベントでは事前の寄せられた恋の相談に小瀧と黒島が回答。『2年間同じクラスの好きな男の子と話せないまま卒業しそう…』という悩みには「話さずに後悔するより、話して後悔するほうが後々スッキリする」と男らしくアドバイスした。

 加えて小瀧からは「男の子って自分の興味あることは結構しゃべりたい。男の子のやってることや気づいたことを口に出してみたら男の子のほうもノッてきてくれると思う」と男側の目線に立った助言も。司会から「自分ならなんて声をかけられたいか」と問われると「『分け目、いつもより左やな』とか言われたらだいぶ見てくれてるなって思います」とマニアックな好みを明かしつつ「男の子も思春期なので自分の変化とか褒めてもらえるとうれしい」と力説していた。

 同作は人気漫画家・いくえみ綾氏の原作をもとに、北海道・札幌に引っ越してきた女子高生・住友糸真(黒島)が、舘林弦(小瀧)と桜井和央(高杉真宙)という真逆のイケメンとの恋模様を描く。

 このほか、イベントには“応援のプロ”である我武者羅應援團が登場して、糸真と弦、そして会場の恋する人たちに向けて全力応援。間近でその迫力を体感した黒島は以前から動画でその存在を知っていたそうで「すごい感動しました。うれしいです」と目を輝かせ、直立不動で「フレッフレッ弦!」と熱すぎる激励を受けた小瀧は「本当に心の奥まで射抜かれた。マジの想いが伝わってきた」と感銘を受けていた。

オリコン

「ジャニーズWEST」をもっと詳しく

「ジャニーズWEST」のニュース

BIGLOBE
トップへ