ソニーミュージック、市ヶ谷&乃木坂ビルを譲渡 スタジオ運営は継続

2月15日(木)15時37分 オリコン

ソニー・ミュージックエンタテインメントが譲渡を発表したSME乃木坂ビル

写真を拡大

 ソニー・ミュージックエンタテインメントは15日、同社所有のSME市ヶ谷ビル(東京都新宿区)および乃木坂ビル(同・港区)の敷地・建物を、同日付をもって譲渡に係る売買契約を締結したことを発表した。

 目的は「ソニーミュージックグループの総合力アップと業務の効率化」を目指すためとしている。両敷地・建物を譲渡したことにより、SME六番町ビル(同・千代田区)に続く第二拠点を東京ミッドタウンのミッドタウン・タワー(同・港区)12〜15階に置く。

 乃木坂ビルに入居するソニーミュージックスタジオ東京は、本譲渡による引渡後も、譲渡先との間で賃貸借契約を締結したうえで、引き続き当該ビルで運営する。

 外壁が黒いSME市ヶ谷ビルは通称・黒ビル。乃木坂ビルでは乃木坂46欅坂46の最終オーディションが行われた。

オリコン

「譲渡」をもっと詳しく

「譲渡」のニュース

BIGLOBE
トップへ