9月公開『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』予告編が公開に!

2月15日(木)10時52分 RBB TODAY

(C)2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

写真を拡大

人気スパイ映画『ミッション:インポッシブル』シリーズの最新作『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』は8月3日全国公開。このほど、トム・クルーズがヘリから落下する様子などをとらえた日本版予告が解禁された。

 トム・クルーズ自身がスタント無しで行うド迫力のアクションシーンが代名詞の同シリーズ。これまで、上空1500mを時速400キロ以上で飛ぶジェット機に素手で捕まったり、ドバイにそびえたつ世界一高いビル ブルジュ・ハリファの124階でビルの側面を走ったり、息継ぎなしの6分以上の潜水アクションなど、常識では考えられないスタントを行ってきた。

 今回到着した第一弾予告の最大の見所は、トム・クルーズ演じるイーサン・ハントが山脈を飛行するヘリコプターにロープでしがみつくアクションシーン。ヘリから落下するシーンに、思わず手に汗握ってしまう。ほかにも、ノルウェーにある高さ600m(およそビル110階相当)の一枚岩の崖「プレーケストーレン」のクライミング、パリ・凱旋門をヘルメットなしの状態でバイクに跨り猛スピードで疾走など見逃せないシーンが詰まっている。

 そして、トムが骨折し世界中の話題を集めた、あのビルジャンプシーンもお披露目。今まさにビルへ飛びつかんとオリンピック選手ばりのインポッシブルなジャンプで空中を駆けるトムの姿がとらえられている。先日骨折から早期撮影復帰を果たしたトムは、イギリスの『グラハム・ノートン・ショー』に出演し、このシーンについて、「全速力でジャンプして、壁の一面にぶつかって、這い上がり、カメラの側を走っていくという撮影だったんだ。(ぶつかって)瞬時に骨折したことを悟った。それでも、カメラの側を走り抜け、そのショットをものにした。あの横顔のショットはどちらも映画に出てくるんだ」と骨折しながらも、撮影を中断せず演じきり、しかもそのカットが本編に使用されていることを明かし、視聴者を驚かせた。

 シリーズ最高とも言えるスタントにも注目の映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』は8月3日全国公開。

RBB TODAY

「トム・クルーズ」をもっと詳しく

「トム・クルーズ」のニュース

BIGLOBE
トップへ