藤井五段 羽生竜王戦へチョコパワー「今まで縁がなかった」

2月15日(木)7時8分 スポーツニッポン

2回戦を突破した藤井五段は報道陣からバレンタインのチョコをもらい満面の笑み

写真を拡大

 将棋の中学生棋士、藤井聡太五段(15)が14日、大阪市の関西将棋会館で新人王戦1回戦を戦い、古森悠太四段(22)を85手で破って公式戦9連勝とした。通算成績は64勝11敗。ファンへの感謝の思いを強くした日だった。日本将棋連盟の関西本部広報担当によると、会館には多くの藤井宛てバレンタインチョコレートが郵送で届いた。

 個数は明かされなかったが「本人が持ち帰ることができないほど」(関係者)。

 連盟が事前に“手渡し自粛”を要請。直接渡そうとするファンはおらず、混乱はなかった。終局後、大量のチョコの存在を知らされると「今までは全く縁がなかった」と喜んだ。

 次戦は17日の朝日杯準決勝で、羽生善治竜王(47)との公式戦初対局。「力を出し切れるように頑張りたい」と表情を引き締めた。

スポーツニッポン

「竜王戦」をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ