乃木坂46山下美月「どんなにつらいことがあっても笑っていこう!」悩んで出した“アイドルとしての姿”

2月15日(月)19時40分 TOKYO FM+

TOKYO FMで月曜から木曜の深夜1時に放送の“ラジオの中のBAR”「TOKYO SPEAKEASY」。2月2日(火)のお客様は、乃木坂46の山下美月さん、久保史緒里さんと映画監督・奥山大史さん。ここでは、奥山さんが“仕事とプライベートのオンオフ”について、2人に質問していきました。
▶▶この日の放送内容を「AuDee(オーディー)」でチェック!

乃木坂46(左:久保史緒里さん、右:山下美月さん)、リモート画面:奥山大史さん


◆「山下さんは“ずっとアイドル感”がある」(奥山)
奥山:(新曲「僕は僕を好きになる」の)ミュージックビデオ(以下:MV)で、アイドルとしての姿とプライベートとしての姿を行き来する、みたいな感じの描き方をしていましたけど、お2人はプライベートとお仕事って結構はっきり分かれていますか? それとも、いま自分がアイドルなのかアイドルじゃないのか、って結構わかんなくなっちゃうときってありますか?
山下:私は、オンオフはっきりとさせたいタイプなんですけど、オフの日でも仕事が終わって帰ってきてからでも、結局、自分が“アイドルでいる”っていうことが軸になっているので、結果的に仕事のことをずっと考えちゃいますね(笑)。
奥山:そうですよねぇ。じゃあ、わりとオンオフがはっきり分かれていない?
山下:そうですね。オフの日でも、“次の仕事のためにこういうことをしよう”“こんな勉強をしよう”“顔のコンディションを整えよう”とか、ずっと考えていることが多いので。多分アイドルを卒業するまでは、オンオフということではなく“ずっとアイドルでいる”っていう気持ちで1日中過ごすことになるんだろうなぁ、って考えていますね。
久保:へぇー。すごい!
奥山:山下さんって、“ずっとアイドル感”がありますよね。
山下:あります!?
久保:山下はありますね。
山下:本当ですか?
奥山:今思い出したんですけど、(MVの撮影で)パルコ前でタクシーの車内で撮影したじゃないですか。(撮影のために)グルグル回って、タクシー降りて、モニターチェックして。それで、タクシーのシーンではスタッフが僕1人しか(車内に)入れなかったので、待っていたスタッフたちに「終わりました、OKです! 次の現場行きましょう!」って声をかけたときに、山下さん1人だけタクシーに残しちゃっていたんですよ。それで、“やばい! 誰かお声がけしなきゃ”と思ったときに、山下さんの顔をふと見たら……すごいニコニコしていたんですよ(笑)。後部座席で1人なのに。
山下:えー! 恥ずかしい(笑)。
奥山:それを見たときに“「ずっとアイドルでいる」って決めたのかな”みたいな。携帯を見ている訳でもないのに、すごいニコニコしながら少し外の方を見ていたので。
山下:でもこれ、本当にアイドルになってからわかったことなんですけど、ずっと口角がさがらなくなるんですよ! 口角をあげるのが仕事の一環だと思っちゃっているから。
奥山:なるほど(笑)。
山下:家でもそうなんです。鏡をふと見ると“あれ? 何もしてないのに笑ってる”みたいな。
奥山:怖いですね!
久保:(笑)
山下:怖いんですよ! 自分の顔を見たとき、ゾッとしますもん(笑)。
奥山:それこそ、企画を考えるときに三期生のオーディション動画もちょっと拝見していて。久保さんは本当に今と一緒というか、映像で見る限りの印象は変わらないんですけど、山下さんって……言い方が難しいですけど、オーディションの時期って、全然笑わなかったじゃないですか。
山下:たしかに笑ってなかったです。
奥山:だから今と印象が全然違うなって思って。
山下:テレビとか雑誌とかに出させていただくようになってから、自分の顔を客観的に見るようになったりするじゃないですか。それで、ファンの方からも「山下って、顔がちょっと怖くない?」と言われることもあって。多分、昔から顔立ちが大人っぽかったんですよ。17歳のときに(乃木坂に)入ったんですけど、 “性格が悪そう”とか誤解されることが多くて、そのことを自分なりに1年ぐらい悩んで出した結果が、“どんなにつらいことがあっても笑っていこう!”って。
奥山:へぇー! それで“口角をさげないでいる”ってことなんですね。
山下:そうなんです。それが仕事の1つなんだろうなって思って。
奥山:すごいなぁ。たしかにそれは、オンオフが曖昧になりますよね。久保さんはどうですか? オンオフはっきり分かれています?
久保:はっきりしていると思いますね。私は逆に最初の頃が山下寄りで、はっきりしていなかったんですよ。だけど、すごく自分を苦しめてしまって、私には向いてなかったんですよね。だから山下を見ていると“すごいな”って単純に思うんですよ。
それで今は、休みの日があると、前日までの仕事の疲れとか感情とか、“あんなことあったな”みたいなのを全部消去するかのように、ひたすら寝て過ごしちゃいますね。私は、一旦“考えない時間”というか“リセットする時間”が必要なタイプなんだとわかったので。
*   *   *
今週の「TOKYO SPEAKEASY」のお客様は……
2月15日(月)おいでやすこがさん×カンニング竹山さん
2月16日(火)西野七瀬さん×飯豊まりえさん
2月17日(水)DISH//(北村匠海さん、矢部昌暉さん)×松岡広大さん
2月18日(木)長谷川博己さん×リリー・フランキーさん
がご来店。一体どんな話が飛び出すのか……!? お楽しみに!
----------------------------------------------------
▶▶奥山大史「山下美月さんがセンターと知って、企画を変えました」 続きは「AuDee(オーディー)」で!
スマホアプリ「AuDee(オーディー)」では、スペシャル音声も配信中!
★ダウンロードはこちら→https://audee.jp/about
----------------------------------------------------
<番組概要>
番組名:TOKYO SPEAKEASY
放送日時:毎週月-木曜 25:00〜26:00
番組Webサイト: https://www.tfm.co.jp/speakeasy/

TOKYO FM+

「乃木坂46」をもっと詳しく

「乃木坂46」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ